販売促進の専門メディア

Idea&Techniques

目薬のコンセプトモデル公開 ロート、目薬の発売110周年記念で

ロート製薬



ロート製薬(大阪・生野)は2019年、目薬の発売110周年を迎えるにあたり、7月8日に複合施設「代官山ヒルサイドテラス ANNEX-A」(東京・渋谷)で企画展「世界の瞳は思った以上に過酷な目にあっている展〜4つの極地、4つのアイケアコンセプトモデル〜」を開催した。来場者数は200人超。

企画展では、地球上で最も瞳の健康にとって過酷な4つの環境を設定し、それぞれの課題に挑む「目薬のコンセプトモデル」を展示。想定したのは「砂漠に覆われた国」カザフスタン、「紫外線の強い国」オーストラリア、「寒さの厳しい国」アイスランド、「ブルーライトに悩まされる国」日本。それぞれの環境に立ち向かうための、「まだ世界のどこにもない目薬」のアイデアを披露した。

たとえばオーストラリアの場合は、太陽の方を見上げることなく、下を向いたまま点眼できるよう、超音波で蒸気が発生するイメージをデザインに取り入れた。

日本の場合はブルーライトに疲れた目を癒せるよう、サンゴのような突起で目の周りの「ツボ」を刺激しながら点眼できる仕様になっている。各モデルは将来的な実現を目指しているという。

来場者からはコンセプトモデルの商品化を望む声や、「ロート製薬の企業イメージが先進的なものに変化した」などの声が寄せられた。

Idea&Technicsの記事一覧

Idea&Technicsの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する