販売促進の専門メディア

Idea&Techniques

さまざまなビールが集うビアウィーク 5回めの開催は261店舗が参加

東京ビアウィーク実行委員会



東京ビアウィーク実行委員会は6月2日~17日までの16日間、「東京ビアウィーク2018」を開催した。「東京ビアウィーク」は、東京や近郊都市のさまざまな店舗や団体が、自由なアイデアでビールを楽しみ、東京のビールシーンをさらに盛り上げようという趣旨のイベント。ことしで5回めの開催で、参加店舗数は昨年の約2倍の261店舗が参加した。

今回のテーマは「BEER JUNCTION」。多彩なビールや、それらの生産者、ビールと親和性の高いさまざまなカルチャーや、ビールファンが交わる«合流地点»との意味が込められたようだ。

開催期間中は、ブルックリン・ラガーの生みの親、スティーブ・ヒンディ氏を招いたトークショーなどのイベントのほか、50件超の、パブやレストランが主催したイベントが催された。ビアウィークに参画した店舗を巡ってポイントを集めると、賞品が当たる「スマホ de スタンプラリー」には約700名が参加した。

Idea&Technicsの記事一覧

Idea&Technicsの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する