販売促進の専門メディア

販促会議 企画コンペティション

第9回販促コンペ 審査員個人賞の発表


粗削りだが突出して優れた点があり、今後に期待できる・輝く点が見受けられる審査員個人賞の発表です。

桜田賞

桜田氏コメント
お酒のように、"誰かと一緒に飲むから美味しい、楽しい"という嗜好品にピッタリの企画。今後、ますます人と何かを「シェアする」という価値が求められていく気がします。また、普段日本酒をたしなんでいないと、お猪口などの酒器を持っていない可能性も高いため、楽しさだけでなく実用性も兼ね備えている点も素晴らしいと思います。

課題06 大関

作品名「SAKEたしなみキット付きワンカップ大関」

受賞者
辻 豊大(北日本広告社)、佐藤 翔吾(同)

藤井賞

藤井氏コメント
男女の出会いというストレートな機能ゆえに、知らない場所での友人探しという大義名分が立つ目的を加えることで、利用のきっかけをつくってあげる。気になるけれどこれまで利用できなかった人を動かしやすくしてあげるインサイトをついている企画だと思いました。全国展開をしているトップランナーの相席屋だからこそのアピールも企画におちていてグッドでした。

課題10 セクションエイト

作品名「旅先出会い席」

受賞者
アネーロ 関谷(博報堂)、市田 啓幸(同)、井上 太輝(博報堂DYメディアパートナーズ)

石田賞

石田氏コメント
何でしょう、このチープな感じ。いくつも素晴らしい企画書を拝見している中、何でしょう、この企画書に出会ったときのホッとする感じ。アイデアはチキンみたいなティッシュを配るだけ。しかも、あの香りがするティッシュ。審査会では「異臭騒ぎになる」などの声も。でも、わたしはこのシンプルでチープなアイデアで勝負に出た企画者の勇気を評価したい(笑) ...

あと66%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

販促会議 企画コンペティションの記事一覧

販促会議 企画コンペティションの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する