販売促進の専門メディア

販促会議 企画コンペティション

第9回販促コンペ 審査員個人賞の発表


粗削りだが突出して優れた点があり、今後に期待できる・輝く点が見受けられる審査員個人賞の発表です。

桜田賞

桜田氏コメント
お酒のように、"誰かと一緒に飲むから美味しい、楽しい"という嗜好品にピッタリの企画。今後、ますます人と何かを「シェアする」という価値が求められていく気がします。また、普段日本酒をたしなんでいないと、お猪口などの酒器を持っていない可能性も高いため、楽しさだけでなく実用性も兼ね備えている点も素晴らしいと思います。

課題06 大関

作品名「SAKEたしなみキット付きワンカップ大関」

受賞者
辻 豊大(北日本広告社)、佐藤 翔吾(同)

藤井賞

藤井氏コメント
男女の出会いというストレートな機能ゆえに、知らない場所での友人探しという大義名分が立つ目的を加えることで、利用のきっかけをつくってあげる。気になるけれどこれまで利用できなかった人を動かしやすくしてあげるインサイトをついている企画だと思いました。全国展開をしているトップランナーの相席屋だからこそのアピールも企画におちていてグッドでした。

課題10 セクションエイト

作品名「旅先出会い席」

受賞者
アネーロ 関谷(博報堂)、市田 啓幸(同)、井上 太輝(博報堂DYメディアパートナーズ)

石田賞

石田氏コメント
何でしょう、このチープな感じ。いくつも素晴らしい企画書を拝見している中、何でしょう、この企画書に出会ったときのホッとする感じ。アイデアはチキンみたいなティッシュを配るだけ。しかも、あの香りがするティッシュ。審査会では「異臭騒ぎになる」などの声も。でも、わたしはこのシンプルでチープなアイデアで勝負に出た企画者の勇気を評価したい(笑)。

課題17 日本ケンタッキー・フライド・チキン

作品名「KFT」

受賞者
大槻 学礼(法政大学 大学院)、城田 隆介(同)

岸賞

岸氏コメント
「ちょっとずつ貯めていく」または「気づいたら貯まっていた」というような「小銭」ならではのアナログ的価値(身体的価値)に着目した点を高く評価。デジタル化に伴い、失われてもおかしくないその価値を、あえてデジタルに残すことで付加価値にしようというチャレンジは、企画者の志の高さが垣間見え好感を持てました。

課題19 福岡銀行

作品名「貯金の中の貯金箱」

受賞者
伊藤 史宏(サンコー)

奥谷賞

奥谷氏コメント
楽器に挑戦してみたいけど、なかなかきっかけが作れない。雑居ビルの中にある音楽教室はテンションが上がらない。そんな気持ち、あると思います。もしも「音楽教室がテンションの上がる場所」に来てくれたら?そんな思いを実現している良い作品だと思います。これからの時代お客様は待っていても来ない。自ら提供サービスのテンションを上げてお客様に届けたくなる。お店があなたに会いに来る。まさにOmni-Channel時代の販促コンペにふさわしい企画だと思いました。

課題23 ヤマハ音楽振興会

作品名「旅する音楽教室」

受賞者
吉田 貴紀(BYTHREE)、栗原 里菜(同)

児玉賞

児玉氏コメント
『楽器演奏ができるようになりたい』という楽器発想から、『自分が好きだったり、興味のある音楽を演奏してみたい』という音楽発想にレッスンのポイントを変えた点が『人が動く』という本質に近づいていると感じ、評価させていただきました。さらにレッスンプログラムを作ったり、予約するしくみを一定人数に達したらプログラム化されるというクラウドファンディング型にした点も良かったですね。入会=受講ではなく、入会=参加。まずは入会して自分が演奏したいジャンル(Session)を探す・作るから始める。「始める」の第一歩、大切にしたいですね。

課題23 ヤマハ音楽振興会

作品名「Session365」

受賞者
森下 なつみ、イトウガク、遠藤 友章、諏訪 翔一、益田 準也

富永賞

富永氏コメント
「やるやる!」と、好きでもない音楽のバンド加入を安請け合いをしてしまったときの苦悩。この企画は選者のそんな酸っぱい記憶を蘇らせてくれました。楽器を習うことに加え、好きな曲を再現し、仲間を見つけることもできそうで、潜在顧客のツボを見事突いています。カラオケなどのビジネスに援用できそうなのもGood。

課題23 ヤマハ音楽振興会

作品名「Session365」

受賞者
森下 なつみ、イトウガク、遠藤 友章、諏訪 翔一、益田 準也

吉柳賞

吉柳氏コメント
狙う市場をきちんと絞ったことと、リゾート婚という'結婚式'という固定概念から主催者側と参加者側の両方のインサイトを掴み、'旅行'という選択肢に変え、「FUN」な機会を創出していることです。もちろんそれでも、航空会社やホテルとの連携などフィジビリティにおいてはカロリーが高く課題もありますが、SNSなどでのニュース性もあり、リゾ婚をワタベウェディングで検討してみようというエントリー効果は期待できるのではないかと思います。

課題27 ワタベウェディング

作品名「ご祝儀便」

受賞者
才川 翔一朗(アサツー ディ・ケイ)、六車 亮(同)

販促会議 企画コンペティションの記事一覧

販促会議 企画コンペティションの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する