販売促進の専門メディア

販促会議 企画コンペティション

第9回販促コンペ 協賛企業賞の発表(2)


ここでは協賛企業が選んだ「協賛企業賞」27作品を紹介します。

<こちらの記事で紹介する作品は、協賛企業賞10~18>

協賛企業賞10
作品名「旅先出会い席」

アネーロ 関谷、市田 啓幸(博報堂)/井上 太輝(博報堂DYメディアパートナーズ)

受賞者コメント

アネーロ「これからも相席屋で、いい出会いを探し続けます」
井上「今回頂いた賞も含め素晴らしい出会いに感謝です」
市田「一緒につくった仲間との出会いにも感謝です」
ありがとうございました!

課題 10
セクションエイト

思わず誰もが「相席屋」に行きたくなるようなアイデア

    協賛企業からのコメント

    担当者(企画部)

    この度は、協賛企業賞の受賞おめでとうございます。今回のコンペでは相席屋に興味を抱いていただきました方々に予想を遥かに超える200件近いアイデアをご応募いただきました。まずは皆さまへ心よりお礼を申し上げます。その中で協賛企業賞に選ばせていただきました【旅先出会い席】に注目した点は「恋人探し以外の大義名分があったらいい」というネガティブな要素をプラス転換する企画だったことです。

    相席屋の基本軸であります恋愛プラットフォームとは二律背反する事例へのアプローチでありますが、ゆえに新たな顧客開拓に大きな期待をもてる企画であると考え、選定させていただきました。

    受賞者以外の方々からも素晴らしいアイデアを数多く頂戴しており選考は非常に悩みました。心より感謝を申し上げるとともに、皆さまの今後のご活躍をお祈り申し上げます。


協賛企業賞11
作品名「ソニーMIRROR」

満永 隆哉(博報堂)

受賞者コメント

一人の広告人としてではなく、一人のストリートパフォーマーとして、体験したい企画を目指しました。今回の受賞を励みに、プランニングもパフォーマンスも楽しみながら、お客さんの心や体を動かす鍛錬を生涯続けていこうと思います。審査員の皆さま、関係者の皆さま、応援してくださった皆さま、ありがとうございました。

課題 11
ソニーマーケティング

ワイヤレス&ノイズキャンセリングヘッドホンの新しい試聴促進プロモーションアイデア

    協賛企業からのコメント

    高橋 拓也氏(コミュニケーション戦略部戦略課 統括課長)

    受賞おめでとうございます。多くの応募の中から今回の企画は、特に、体験喚起力、話題性、ユニークさが印象的でした。「ダンサーの踊れる場の提供」という企画のコアがシンプルでありながらも、ダンサー自身のワイヤレス&ノイズキャンセリングの体験実感はもちろん、「無音のパフォーマンス」が興味を促進し、ワイヤレスヘッドホンの自由さという特徴を印象深く伝えられると感じました。

    また、音楽とストリートカルチャーの相性や、遊び心も備えています。企画自体のアイデアを中心に、ダンサーを情報波及のオピニオンとし、インパクトあるシチュエーションをさらに2次拡散させるというプロモーションの情報設計も緻密に計算されていると感じました。オーディエンスの実商品体験の方法や、店頭集客への接点は課題もありますが、この企画を軸に展開の可能性は十分あると感じています。質の高い企画をありがとうございました。


協賛企業賞12
作品名「阿鼻叫喚!家買った途端に転勤選手権!」

小渕 朗人(博報堂)、小野寺 正人(博報堂)/深尾 麻鈴(オズマピーアール)

受賞者コメント

「今は、競合と横並びでスタートを切っている。これを、ダーウィンさんだけがフライングしている状態を作ります」今回、プレゼンでお話ししたのはこんなコンセプトでした。絶対に必要なサービスのはずなのに、認知度が低い「リロケーションサービス」。転勤辞令を受けた人のリアルな胸中。社会的な関心ごとやネットの反応の予想。複数のポイントを踏まえて、企画を作ることを意識しました。

自分の身に降りかかった一生に一度かもしれない「不幸」、それをネタにして笑い飛ばす。そして、ちょっと気持ちが軽くなる。そんな姿を理想にしています。この度は、このような賞をいただきありがとうございます!

課題 12
ダーウィン

転勤や相続などで、「家をどうしよう?」と困ったときに「ダーウィンに相談だ!」と思ってもらえる企画

    協賛企業からのコメント

    笠井 寿子氏(Web広報室 マネージャー)

    この度は協賛企業賞受賞おめでとうございます。当社課題にご応募いただき有難うございました。

    取り組みにくい課題だったのではないかと思いますが、若い感性で取り組んでいただいた提案が新鮮に感じられて熱い気持ちになれました。また、提案していただいたアイデアを補足する資料も相手の心を掴んでいくものになっていて、素晴らしかったです。今回いただいた提案を実行するための計画を立てていきたいと考えております!受賞作品以外にも挑戦してみたいと思える魅力的なアイデアがありました。

    皆さまの今後のご活躍を楽しみにしております。最後になりましたが、当社の課題にご応募いただいた皆さまに心よりお礼申し上げます。


協賛企業賞13
作品名「#ホワイトコーヒー」

森井 聖浩(東急エージェンシー)

受賞者コメント

この度は、素晴らしい賞をいただきありがとうございます。選んでくださった第一三共ヘルスケア様に感謝申し上げます。今回たった一人で企画を仕上げましたが、日々、自問自答の繰り返し、応募〆切ギリギリまで悩みまくりで、疲れました(笑)。ですので、受賞の結果をいただいた時は、ほんとうに嬉しく、ホッとしました。この賞を励みに、日々の仕事もがんばっていきます。ありがとうございました。

課題 13
第一三共ヘルスケア

美白高機能歯みがきシティースホワイトの魅力を伝え、30代以上の女性が購入したくなる企画

    協賛企業からのコメント

    西原 良介氏(マーケティング部 ブランド推進第二グループ)

    この度は、美白歯みがき「シティースホワイト」の課題に対しまして、数多くの作品をご応募いただき、誠にありがとうございました。

    そして、協賛企業賞の受賞おめでとうございます。「White Coffee」のご提案は、課題に対し緻密に事前のリサーチを行っていただき、明確な仮設設定がありました。また、一方で思い切ったインパクトがありつつも小技の効いた配布ツールのご提案。それらを結びつけるソーシャルメディア上での拡散プロモーションと一連のストーリーが明確で、消費者視点の発想からも魅力的で新しい可能性を充分に感じることができました。

    受賞作品以外にも、売場でのご提案・プロモーションでのご提案等を数多く頂戴し、今後の販促で、大変参考にさせていただくことができました。ご応募いただきました皆さまの今後のご活躍をお祈り申し上げます。


協賛企業賞14
作品名「お知らせキターズ」

平田 茜(東通メディア)

受賞者コメント

協賛企業賞に選んでいただきありがとうございました。この企画は、自分で投函したハガキが1年後に届くというサプライズ体験を通して「購入から1年の経過」を認識してもらえればと考えました。ハガキならではのあたたかみが"懐かしい気持ち"をより引き出し、家族・友達・ソーシャルメディア上でのコミュニケーションが広がればと思っています。

締切まで悩み続けましたが、企画を考える時間はとても楽しく幸せでした!!これからも、よりいいアイデアを組み立てられるよう努力していきたいと思います。素晴らしい機会をいただき、本当にありがとうございました。

課題 14
大日本除虫菊

虫コナーズ(ベランダや玄関等に吊るすタイプ)を、毎年忘れずに定期購入いただける企画

    協賛企業からのコメント

    上山 史朗氏(マーケティング部 次長)

    平田様、ご受賞を心からお祝い申しあげます。また、ご応募いただいた皆様、真剣に課題と向き合っていただき本当にありがとうございました。応募作品は(1)替えざるを得ない製品仕様にする(2)記念日・習慣化(3)インセンティブでリマインドの3パターンに大別されましたが、ファイナリストに残った5作品は、そこに斬新な仕掛け・切り口がプラスされていました。

    その中で今回平田様の「お知らせキターズ」を選定させていただいた理由としては、自分自身がリマインドするという斬新さ、参加ハードルの低さ、口コミを呼ぶ力など多くの判断材料がありましたが、何より理屈を超えたエモーショナルな部分が前面に出ていたことが大きかったです。多数の作品に目を通しましたが、最後まで心のどこかにこの作品が残っていました。

    平田様は営業の方と伺いましたが、優秀なプランナーの側面も持っておられると感じます。これからも沢山の人の心を動かし、ご活躍されてください。


協賛企業賞15
作品名「ぽちゃコーデメーカー」

宋 星恵(凸版印刷)/田中 丈子(小田急エージェンシー)

受賞者コメント

この度は協賛企業賞をいただき、誠にありがとうございます。この企画を立てる際に、ぽっちゃりさんが普段どんなことを考えて、どんな生活を送っているのかを洗い出すところから始めました。おしゃれを楽しみたい気持ちと、好みと体型の両方に合う服に出会えない現実。そのギャップを埋めてあげる方法は無いかを考えた結果、この形になりました。さらには、世の中みんなが自分の体型を気にせず、好きな服を着ておしゃれができる。そんな世界に少しでも近づけられたら良いなと思っています。

課題 15
ディノス・セシール

ファッションに興味のあるぽっちゃりさんが"Plump"を買いたくなる企画

    協賛企業からのコメント

    山下 守記氏(レディスアウター2部 ゼネラルマネージャー)

    この度は、企業協賛賞の受賞おめでとうございます。本当に数多くのご応募をいただきました。どの作品もぽっちゃりさんが、ポジティブにファッションを楽しんでいただくための販促企画アイデアで、選考にも苦労いたしました。

    その中で企業協賛賞に選定させていただいた本企画は、ぽっちゃりさんを体型別にチェック、アバター「もちもちガール」を生成し、着せ替えを楽しんだり、気になったお洋服の丈感、バランスなどがチェックできるアイデアです。試着ができないハンデを自分体型に近いアバターでイメージするなど、お買い物を楽しんでいただくアイデアが満載でした。

    そして、ぽっちゃりを全面に打ち出す交通広告など、斬新な手法も盛り込んでいただきました。今後は前向きに実現可能性を探ってみたいと思います。受賞作以外、すぐにでも取り掛かれそうなアイデアなども数多くあり、大変参考となりました。改めて心より御礼申し上げます。


協賛企業賞16
作品名「水曜日はお吸いものの日」

関口 智也(ADKアーツ)/野村 愛

受賞者コメント

この度は、素晴らしい賞をいただき誠にありがとうございます。今回の企画は、自分たち自身がターゲットに近いこともあり、今の時代に「あったらいいな」と思えるものを目指しました。最初はなかなかアイデアが固まらず悩む時間もたくさんありましたが、行き詰まりお風呂でゆっくりしている時、ふと生まれたのがこの企画です。何事も考え過ぎると空回りしたり、最後には疲れてしまうことがあります。この受賞コメントもたくさん悩みましたが、行き着いたのはこの一言です。「とっても嬉しいです!」

課題 16
永谷園

20代~30代(男女)が「松茸の味お吸いもの」を飲みたくなる企画

    協賛企業からのコメント

    大山 武志氏(統括部 副部長)

    この度は受賞おめでとうございます。今回のコンペでは本当に数多くのご応募をいただきました。

    どの作品も当社松茸の味お吸いものについて考え抜いていただいており、大変感謝をさせていただくとともに選考にはそれゆえ大変苦労をいたしました。今回は「お吸いもの」そのものの食頻度が高まることを期待したテーマでした。

    受賞された作品ではお吸いものを飲むきっかけを創出するという内容です。実際の「お吸いものの日」定着は長い道のりではありますが、具体的なアイデアをいただき、中長期的に実現可能だと思えた点が受賞の決め手となりました。受賞作品以外にも皆さまから素晴らしいアイデアをいただき誠にありがとうございました。心より御礼申し上げます。


協賛企業賞17
作品名「おつかいパック」

藤本 友美(電通)、佃 優衣子(電通)

受賞者コメント

2人でケンタッキーの話をしていると、子供のころ、家族でワイワイとケンタッキーを囲んだ特別に楽しかった食卓が思い浮かびました。おいしく楽しい想い出に、口元をほころばせながら企画を考えることができ、とても楽しかったです。まだまだリアルな実施に向けては難しい点、詰め切れていない点も多々あったかとは思いますが、お選び頂き本当に光栄です。改めまして、この度は素晴らしい賞をありがとうございました。

課題 17
日本ケンタッキー・フライド・チキン

ケンタッキーからしばらく遠ざかっている人に、「食べたい!」と思わせる企画

    協賛企業からのコメント

    小山 典孝氏(執行役員 マーケティング部 部長)

    この度は、協賛企業賞の受賞、おめでとうございます。当社は初めての協賛となり、『ケンタッキーからしばらく遠ざかっている人に、「食べたい!」と思わせる企画』を課題として出させていただきました。

    多くの方々から素晴らしく素敵な企画をいただきましたが、その中から、個人だけではなく家族全員が"食"を通じて、美味しさのほかに幸せや感動をえられるような企画であり、また、特別な日(クリスマスやパーティー等)に食べるイメージから"ちょっと特別"な日に食べることをイメージさせる企画の切り口が協賛企業賞として選考させていただいたポイントとなりました。

    最後になりましたが、多くの方々にケンタッキーフライドチキンに興味をもっていただき、且つ当社の課題に対して解決させようと、ご応募いただけましたことは大変ありがたく感じております。この場をお借りして皆様へ心より御礼申し上げると共に、今後のご活躍を祈念申し上げます。


協賛企業賞18
作品名「TECH-girls' caravan」

泰永 麻希(博報堂)、神山 桃子(博報堂)

受賞者コメント

「日本メナード化粧品さまに本当にマッチし・行動する人は誰なのか?」という視点から"リケジョ"に辿りつき、この企画を考えました。日本メナード化粧品さまに直接プレゼン出来、協賛企業賞いただけて嬉しいです!応援してくださった周りの方々にも感謝致します。この度は本当にありがとうございました!(神山)この度はお選びいただき、ありがとうございます。"美容難民のリケジョ代表"として自ら入魂した内容を、きちんと日本メナード化粧品さまに届けられたことがいま、本当にうれしいです。(泰永)

課題 18
日本メナード化粧品

メナード化粧品の商品、サービスで「キレイになろう・なってみたい」と思ってもらえる企画

    協賛企業からのコメント

    石川 太朗氏(営業本部 営業企画部 営業企画課 課長)

    このたびは、協賛企業賞の受賞おめでとうございます。また、数ある中から当社の課題にご応募いただきました皆さま、心より御礼申し上げます。

    応募いただいたすべての企画を拝見させていただき、色々な視点からのアイデアに感動いたしました。その中で、今回協賛企業賞として選定させていただきましたポイントとしては、当社の課題とお客さま視点での欲求をつなぎ合わせる具体的なアイデアであり、かつ、ターゲット設定についてもイメージしやすく共感できる内容であった点です。

    当社としましても、今後もより多くの女性のキレイを応援すべく、積極的なプロモーション施策を考えていきたいと思います。素敵な企画をありがとうございました。

販促会議 企画コンペティションの記事一覧

販促会議 企画コンペティションの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する