販売促進の専門メディア

販促会議 企画コンペティション

第9回販促コンペ 協賛企業賞の発表(3)


ここでは協賛企業が選んだ「協賛企業賞」27作品を紹介します。

<こちらの記事で紹介する作品は、協賛企業賞19~27>

協賛企業賞19
作品名「夢叶絵馬(ゆめかなえま)」

矢田 夏也(早稲田大学)
横村 貴之(コピーライター)

受賞者コメント

福岡銀行のみなさま、審査員のみなさま、協賛企業賞に選んでいただき本当にありがとうございました!この賞は僕にとっての夢叶絵馬です。これからも、さらに良い企画を作れるように全力で日々努力していきます!最高の夏休みになりました!(矢田)

この度はありがとうございました。コピーライターというキャリアの一年目にこの大変名誉ある賞をいただけたことは大変な励みになります。今後も良い企画を制作できるように、精一杯取り組んでいきたいと思います。(横村)

課題 19
福岡銀行

夢や目的を実現するためにお金を貯めたいと思っている人が「Wallet+」をダウンロードしたくなる企画

    協賛企業からのコメント

    奈須 洋介氏(営業戦略部iBank事業室 主任調査役)

    この度は協賛企業賞の受賞おめでとうございます。また、他の応募者の皆さまからも数多くのユニークなアイデアをご応募いただきました。数ある中から当社の課題にご応募いただきまして誠にありがとうございました。選考は、ユーザーがお金管理アプリ「Wallet+」を使ってみたいと心を動かされるようなプロモーションであるか、効果的なプロモーションであるかという視点で実施しました。

    受賞された「夢叶絵馬(ゆめかなえま)」は、アプリというデジタルなサービスを、古来から存在する絵馬を活用してプロモーションするというアイデアが独創的でしたし、単にダウンロードを促進するだけでなくユーザーが楽しくアプリを使い続けていくための工夫が散りばめられたアイデアでした。

    「Wallet+」が夢や目的を実現するアプリとして多くの方々に使っていただくきっかけになるよう、いただいたアイデアを参考にしながらプロモーションを実施してまいります。


協賛企業賞20
作品名「マイネームアンブレラ」

山内 潤(大広)
竹内 希光(電通東日本)

受賞者コメント

竹内「相変わらず、クソな企画しか持ってこないな」。山内「おれがブラッシュアップしているから、面白くなってんじゃん」。

3歳からの幼馴染は、今回もペアを組んで、昨年と同じく賞をいただけました。ブラザー工業様、本当にありがとうございます。いつも遅刻する山内も、アイデアを考えてこない山内も、基本的につまらない山内も。このような光栄な賞をいただけたので、一旦チャラにしようと思います。これからも、どんどん賞を勝ち獲っていきます。

課題 20
ブラザー工業

オフィスや店舗で、ピータッチを選びたくなるアイデア

    協賛企業からのコメント

    岩井 信之氏(マーケティング企画センター総合デザイン部チームマネージャー)

    この度は、当社の課題にご応募してくださった皆さま、誠にありがとうございました。作品ごとにさまざまな視点からアイデアを考えていただいたことが感じ取れる内容でした。協賛企業賞を受賞された応募者の方、おめでとうございます。

    受賞のポイントは、5つあり、(1)一目でわかる伝わり易さ、(2)ラベルだけではなくラベルを貼る対象物とセットで考えられている点、(3)ピータッチの特徴であるラミネートを生かしている点、(4)オフィス・店舗への話題性がある点、(5)アイデアを応用する幅が広い点、です。

    最終選考まで残った5作品につきましては、どの作品も素晴らしかったのですが、上にあげた5つの総合評価で決定させていただきました。企画コンペへの協賛は初の試みで、「課題」や「企業オリエンテーション」でどこまでの情報を皆さまにお伝えするかなど、課題を出す側の難しさが、私にとっては気づきでした。


協賛企業賞21
作品名「ボートレースを楽しんでもらうための企画」

横澤 由香里(ステッチ)
山根 朋子(ステッチ)

受賞者コメント

このたびは大変光栄な賞をいただき、誠にありがとうございます。ボートレース振興会様の課題は『若い人や女性にもっとボートレース場に来てもらえるようなアイディア』の募集でした。しかし、「ボートレースの魅力を1番知っているのはおじさんなのでは・・」という気付きが発想の転換となり、最初の接触点をおじさんにすることで若い人や女性に興味を持っていただき、また主役になったおじさんにはこれまで以上に楽しんでいただける"おじ流虎の巻"キャンペーン"My Boat~こころのままに~"を立案いたしました。

選定くださったボートレース振興会様、審査員の皆様方に改めてお礼申し上げます。ありがとうございました。

課題 21
BOATRACE振興会

若い人や女性に、もっとボートレース場に来てもらえるようなアイデア

    協賛企業からのコメント

    曽根田 歩氏(施行者総合支援部支援課)

    この度は、協賛企業賞の受賞おめでとうございます。既存ファンを主役に据え置きつつ、新規ファンの来場を促進する点を高く評価しました。

    多数の応募作品に触れる中で、ターゲットを明確に設定することの重要さを改めて実感しました。また、若者や女性を呼び込む起爆剤は簡単には現れないため、今後も高くアンテナを張りつつ、地道に、さまざまな企画に挑戦していきたいと思います。

    当会の課題に応募していただきました皆様方に、この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。今後ともBOATRACEをよろしくお願いいたします。


協賛企業賞22
作品名「菌グダムの建国」

吉田 飛路、島津 弦生、寺島 みゆき(北海道情報専門学校)

受賞者コメント

森永製菓様、この度は栄えある「協賛企業賞」にお選びいただき、メンバー一同大変光栄に思っております。図らずもこのような晴れがましい栄誉を得ましたことは、ひとえに数々のアドバイスをくださった先生方と、クラスメイトのお陰であると実感しております。

また、販促会議企画コンペティション事務局様には、普段は経験できない貴重な体験をさせていただきましたこと感謝申し上げます。企画コンペには初めて挑戦し、アイディアを出してからそれをまとめるまで試行錯誤を重ねた分、評価いただけたことを本当にうれしく思います。

課題 22
森永製菓

多くのターゲットがシールド乳酸菌タブレットを食べてみたい!と心から思えるアイデア

    協賛企業からのコメント

    老川 茜氏(マーケティング本部 菓子食品マーケティング部)

    協賛企業賞の受賞おめでとうございます。また、多くの方々に当社企画コンペにご応募いただき誠にありがとうございました。

    シールド乳酸菌は魅力溢れる素材ではありますが、その良さを充分に伝えきれず、販促に非常に苦慮しておりました。今回は想像以上に発想豊かな商品が多く、社内でも票が割れ、非常に迷いました。その中でもシールド乳酸菌単体ではなく、菌という素材全体に目をつけ、ビフィズス菌と合わせてご提案いただいたところ。硬い印象になりがちな健康素材にエンターテインメント性をもたせたところに非常にポテンシャルを感じ、「菌グダム」を選ばせていただきました。

    今回の課題にご応募いただいた皆さまもたくさんの心躍る企画をありがとうございました。心より御礼申し上げます。


協賛企業賞23
作品名「Yamaha Music Camp」

山田 直之(ネットイヤーグループ)

受賞者コメント

数ある応募の中から「協賛企業賞」に選んでいただき、ありがとうございます。幼少期からヤマハ音楽教室に通っており、音楽に慣れ親しんできた私にとって、今回のテーマは非常に興味深いものでした。今回企画した「Yamaha Music Camp」は、かつて学生時代に吹奏楽部の合宿で「合歓の郷」へ行った体験を元に考えました。日常から一歩離れて自然と触れ合う体験と、楽器を演奏できた時の喜びの体験を融合し、素晴らしい音楽体験価値を得てもらうことが本企画の狙いとなります。

課題 23
ヤマハ音楽振興会

20代~30代会社員に、音楽するなら『ヤマハ大人の音楽レッスン』と思わせる企画

    協賛企業からのコメント

    担当者(国内推進本部 教室プロモーショングループ)

    この度は受賞おめでとうございます。今回のコンペでは大変多くの、そしてさまざまなアイデアをご応募いただき、楽しく拝見させていただきました。

    多くの応募作品に共通して語られていたことは「音楽レッスンはハードルが高い」ということでした。その中で今回協賛企業賞に選ばせていただいた作品は、合宿(Camp)で集中的に楽器演奏にトライしていただくことで、小さな成功体験を得、その歓びを仲間と分かち合うことを目標とした企画でした。

    私たちはこれまで、「いかに手軽に始めていただけるか」に重きを置いてプロモーションを考えて参りましたが、逆にハードルを上げる、全く逆の発想の企画ということで評価させていただきました。

    最後になりましたが、当社の課題にご応募いただきました皆さまに御礼申し上げます。皆さまの今後の益々のご活躍を心よりお祈り申し上げます。


協賛企業賞24
作品名「清廉甲子園」

中村 友哉(朝日広告社)

受賞者コメント

この度は栄誉ある賞をいただき、非常に嬉しく思います。「挑戦状」という難しいお題でしたが、製品に特長が明確にあり、そこを生かしつつ自分らしさを入れることが出来たと思います。企画書も単純で伝わるか不安なところもありましたが、企画書に込めた思いを汲み取っていただいた審査員の方々には本当に感謝です。

また、企画書を作成するにあたりさまざまな角度からアドバイスを下さった先輩方には感謝してもして切れません。これからもこの経験を糧に世の中を驚かせることの出来るような企画を考えていきたいと思います。諸先輩方!これからもよろしくお願いいたします!

課題 24
ライオン

トップスーパーNANOXを思わず購入したくなるようなプロモーションアイデア

    協賛企業からのコメント

    永井 康介氏(ファブリクケア事業部 副主任部員)

    この度は協賛企業賞の受賞おめでとうございます。また、数ある企画の中から当社の課題にご提案をいただいた皆さまに心より御礼申し上げます。

    ご応募いただいたすべの企画を拝見し、チームで議論を致しました。本企画は、女子学生を主ターゲットにしつつ、主婦にも「自分ゴト化」いただける施策を具体的に描いたことで、より多くのお客さまに体験、共感いただける可能性を感じました。斬新なアイデアでありながら、企画の実現性も高いことが評価させていただいたポイントです。

    当社企画にご提案をいただいた皆さまに心より感謝申し上げますとともに、今後のご活躍をお祈り申し上げます。


協賛企業賞25
作品名「うなぎ資源を守れ!丑の日奪還計画」

三上 智広(アド・ビューロー岩泉)

受賞者コメント

全27課題、できそうな課題から進めていった中間あたり、中だるみを感じていた頃に気合を入れなおそうと作成したのが、この企画書です。応募した後に、やり過ぎたかな?と思い改めて「牛角」ホームページを見たら、うん、それほどやり過ぎでも無いなと。普段からレベルの高い企画に挑戦し続けているレインズインターナショナル様に選んでいただき、大変光栄です。協賛企業賞プレゼンテーションも、楽しい時間を過ごさせていただきました。このたびは、本当にありがとうございました。

課題 25
レインズインターナショナル

とにかく焼肉が食べたくなるような斬新なアイデア

    協賛企業からのコメント

    本間 達也氏(MK統括本部 WDMK部 牛角MK部部長)

    この度は協賛企業賞の受賞おめでとうございます。また数ある課題の中から当社課題にご応募いただきありがとうございました。

    今回、「とにかく焼肉が食べたくなるような斬新なアイデア」という課題で募集させていただきましたが「丑の日奪還計画」はそのネーミングもさることながら、文化を作るという焼肉を食べる大きなキッカケを作るという点を評価させていただきました。

    一方でうなぎを守るための活動を盛り込むなどユニークな視点が盛り込まれていることも評価ポイントとしております。今回選考期間と丑の日が重なったため実際に取り組むことができませんでしたが、ぜひ来年は具定期な計画に落とし込みたいと考えております。受賞作品以外にも素晴らしいアイデアを多数いただきました。ご応募いただきました方々には心より御礼と今後の益々のご活躍をお祈り申し上げます。


協賛企業賞26
作品名「GUMMMUNICATION_CAMPAIGN」

伊東 春菜(WHITE)
豊田 啓介、中島 優人(博報堂)

受賞者コメント

この度は、素敵な賞をいただきありがとうございます。三者共々大変嬉しく思っております。ガムにコミュニケーションという新しい価値をつけるという視点から、"ガム語"を作るというアイデアを発想し、プロトタイプをいくつも作りながら企画をブラッシュアップしていきました。企画のポイントは、メッセージの組み合わせに幅を持たせ、口コミだけではなくSNSでも広がる仕組みにした点です。協力してくださった皆様、本当にありがとうございました。これからも精進していきますので、応援よろしくお願いいたします。

課題 26
ロッテ

ガムをもっと噛んでもらうためのアイデア

    協賛企業からのコメント

    担当者(マーケティング統括部)

    この度は「ガムをもっと噛んでもらうためのアイデア」に非常に多数の応募をいただきまして、誠にありがとうございました。

    どのアイデアもとても素晴らしく、「ガムを噛みたくなる」ものばかりでした。その中で、今回協賛企業賞に選定させていただきました作品は、「ガムを噛むこと」の価値と「ガムを誰かに薦めたくなる」拡散性を有しており、未来像もしっかりと描いていただき、大変素晴らしい内容でした。

    また、世の中からガムがどのように見られているかを、多くの視点からご提案いただいたことは、とても有意義なものでした。「ガムが世の中の人気者」になれるよう、頑張ります。

    これからも応援を宜しくお願いいたします。


協賛企業賞27
作品名「ご祝儀便」

才川 翔一朗(アサツー ディ・ケイ)
六車 亮(アサツー ディ・ケイ)

受賞者コメント

協賛企業賞に選んでいただきありがとうございます。20代後半を迎えた独身男性2人が、カフェでリゾ婚の良さを話し合う姿、隣の人にどう見られていたのでしょうか。そんな僕ら世代のSNSのタイムラインでは、毎週末だれかの結婚式。自分も結婚式の誘いが増え、お祝いしたい気持ちはもちろんあるのに、その度に大金が消えてゆくご祝儀という制度に気持ちが沈むという…(でもお祝いの場なのでそんなケチなこと言えない!)その結果、旅行や買い物を諦めざるを得ないこの風習、どうにかWin-Winでポジティブにしたくて挑戦しました。

みんなが心から楽しんでくれるいつかの僕の結婚式を夢見て、今夜も僕はワンルームでひとり静かに寝ます。

課題 27
ワタベウェディング

リゾートで結婚式がしたくなる企画

    協賛企業からのコメント

    箱田 大輔氏(マーケティング部 係長)

    この度は協賛企業賞の受賞おめでとうございます。協賛企業賞に選定した「ご祝儀便」の企画は、挙式をするカップルの「沢山のゲストに来てほしい」、参列するゲストの「結婚式には出たいけど出費が痛い」、という両方のインサイトから、ご祝儀のお返しを料理や引き出物ではなく、リゾートウェディングの旅費と見立てることでゲストが参加しやすく、みんなで楽しめる、またそれが「リゾ婚」だからこそできる、という点を評価しました。企画アイデアだけでなく、ご祝儀便というネーミングやデザインも好評でした。

    今回、応募いただいた沢山の企画を楽しく拝見させていただく中で「リゾ婚」の可能性に改めて気づかされました。これからもより多くの方に家族やゲストとの絆づくりがよりよくできる「リゾ婚」を選んでいただけるよう努めてまいります。ご応募いただいた皆さま、本当にありがとうございました。

販促会議 企画コンペティションの記事一覧

販促会議 企画コンペティションの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する