販売促進の専門メディア

販促会議 企画コンペティション

「企画メシ」メンバーが本気で「販促コンペ」課題に挑む

協賛企業から出される商品・サービスのプロモーションについての課題を受け、解決策となるアイデアを企画書形式で募集するコンテストです。実務の課題を解決し、「人が動く」「売上につながる」斬新なアイデアを募集いたします。


「第9回販促コンペ」の課題に"本気"で取り組もう─職種や組織の壁を超えて、「企画メシ」のメンバー3人が集まった。「企画メシ」、正式名称は「企画でメシを食っていく」は、電通の阿部広太郎氏が主催する講義形式のシリーズイベント。5月23日の公開企画会議にはおよそ80人弱が出席した。

参加者の視線を浴びながら公開企画会議。所要時間は45分で、うち10分を用いて各人切り口を考案。会話の端々で、企画にまとまりそうな手がかりを探していく。今回は「悪い虫がつく」の慣用句をもとに、父から娘へのプレゼントというコンセプトが生まれた

取り組む課題はその場で決定

5月23日、公開企画会議の形式で「第9回販促コンペ」の課題に取り組んだのは、阿部広太郎氏のほか、「企画でメシを食っていく」卒業生のナカノヒトミ氏と、丸橋俊介氏。ナカノ氏は、長野県を拠点とするライター。丸橋氏は広告会社に勤め、営業職として活躍する。

取り組む課題は、聴講に集まった80人弱の挙手により決定。その結果、大日本除虫菊の空間用虫よけ製品「虫コナーズを毎年買い替えてもらえる企画」となった。購入サイクルが約3年に2回になっているのが実情だという。

ここから45分間、会場でそのまま企画会議がスタートした。

丸橋俊介氏:毎年買い替えてもらいたい、ということで、自分が毎年買うのは何かを考えてみたんです。たとえばおみくじがそうですよね。それから、「虫コナーズ」はイヤな虫を寄せ付けない製品。「虫がつく」ってたちのわるい男性がつきまとうときにも使うじゃないですか。

ナカノヒトミ氏:私はお盆と相性がいいんじゃないかと思ったんです。子どもからお年寄りまで浸透している習慣ですからね。毎年お盆に「虫コナーズ」を交換すれば忘れることもないのでは?

阿部広太郎氏:夏はいいきっかけかもしれない。虫が多くなるし。何か年1回の風物詩をつくるのがよさそう。"悪い虫"を実際の虫ではなく比喩として用いて思い出させる方向性もいいですね。何か人間の行動と一緒にするほうがいいね。

ナカノ氏:プレゼントするのはいいかもしれませんね。

阿部氏:「オレがキミを守る」と、彼氏が彼女にあげるのは?「オレ以外の男と遊びに行くな」という意味も込めて。

ナカノ氏:プラスに思う人はいそう。

丸橋氏:男性から「虫コナーズ」もらったらうれしいかな?

ナカノ氏:「なるほど」とは思いそうです。でも「家が汚いと思われているのかな?」という気もしますね。

阿部氏:お父さんのほうがやりやすいのかな。父から娘、仕送りか…。

企画の輪郭が見えてきたところで時間となり、公開会議は終了。"悪い虫"がつかないよう、父から贈る「娘の誕生日に、虫コナーズ」というコンセプトの決定までとなった。

それぞれ今回の会議をこう振り返る。

阿部氏:毎年の恒例行事として誰かから贈られれば「そろそろ交換か」と思い出しやすい。「悪い虫がつかないよう」、父から一人暮らしの娘へプレゼントという企画ができるんじゃないかと思います。たた道半ばというか、もう少し練りたい。

丸橋氏:アイデアを深く掘り下げるのは久しぶりでしたが、ある意味自分を追い込むつもりでやってみました。考えるのって楽しい。あらためてそんなことに気づきました。

ナカノ氏:いつも記事の企画などを考える際には一人のことが多いのですが、こうしてわいわいとアイデアを出すのはいいですね。考えを人に話す、というのがいいんだと思います。口にしているうちに次のアイデアが出てきたり、企画がかたちを持っていくのが面白いです。

平日の夜、会場には80人弱が聴講に訪れた。想定より多くの人が集まり、部屋を変更するハプニングも。ふだん見る機会のない、他人の企画会議に、「やりとりの中に企画のヒントを見つけた」などの感想が寄せられた

企画にまつわる悩みに一問一答

最後のパートはQ&A。回答者はいずれも阿部氏。

Q. 「思わず○○してしまうような」という要望にどう応えるのがよいか?

A.クライアント側は365日、商品のことを一所懸命考え続けているが、それでも出てこないようなアイデアがほしい。今回出てきた「娘の誕生日に」という企画で言えば、正直、重複しそうなレベル感です。

Q. アイデアに固執してしまいがち。新たな切り口を考えるには?

A. 一緒に取り組む人の方向性で考えれば、ある種強制的に新しい切り口で考えることになります。一人で考えるにしても、僕は誰かに意見を求めます。まわりに話すことで企画がよくなることはありますし。どう考えても自分は「A案がいい」ということもあると思います。それならA案でいいのでは。ダメでも自分のせいにできますからね。

    HistoryにStoryあり 商品の歴史にヒント

    電通 コピーライター
    阿部 広太郎氏

    言葉を口にすると一人では得られない思わぬ発見がある

    フリーライター
    ナカノ ヒトミ氏

    営業でも挑戦 自分の名を売るきっかけにも

    広告会社 営業職
    丸橋 俊介氏

販促会議 企画コンペティションの記事一覧

販促会議 企画コンペティションの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する