IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

PICK UP

次の100年に向けた企業の意思表明

パナソニック「Creative!」キャンペーン

パナソニックは2018年3月の創業100周年に向け、「Creative!」キャンペーンを開始した。同社の広告に出演するタレントが社員と一緒に広告に出たり、過去のクリエイティブへのオマージュがあったりと、意欲的な試みが行われている。

「コト」篇ポスター。

タレントも社員も社長もフラットに出演

「Creative!」キャンペーンは、家電やAV機器を中心に扱うパナソニック アプライアンス社が展開する周年キャンペーンだ。「モノ」篇と名づけられた広告には、創業時からの歴代350種に上る商品がずらり。その中に同社の社員に交じって宣伝キャラクターである綾瀬はるかさん、西島秀俊さん、遠藤憲一さん、奥貫薫さん、水原希子さん、駒井蓮さんの姿が見える。さらには津賀一宏社長の姿もある。

タレントも社長も、全員をフラットに扱う意図を、「これからのパナソニックをみんなで支えていくという気持ちの表現」とパナソニック コンシューマーマーケティング ジャパン本部 新宮俊夫さんは話す。「出演するタレントの皆さんとは、日頃から直接コミュニケーションを取っていて、どの方も社員と同じくらいファンでいてくれる。パートナーだと思って普段から接しています」。

120秒CM「MONO・GATARI」篇では、家電づくりに奮闘してきた社員の姿が描かれ、創業者松下幸之助の言葉や、中には過去のCMをモチーフにしたシーンもある。「先達をリスペクトしながらも超えていく」意思の表明だという。

特設サイトでは、ヘアドライヤーやシェーバーなどの商品の開発に関わった社員と、水原さん、西島さんらが対談を行う動画「Creative!Story」も公開されている。「Creative!キャンペーンは、半分は社外向け、半分は社内向けです」と同 アプライアンス社 コンシューマーマーケティングジャパン本部の古長亮二さんは話す。

外に向けては、日本育ちの家電メーカーの元気な姿を見せ、社内に向けては、このキャンペーンを通じてモノづくり・コトづくりを改めて問い直し、社内を活性化させる狙いがある ...

あと55%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

PICK UP の記事一覧

次の100年に向けた企業の意思表明(この記事です)
6秒×12話で展開される「きのこ」「たけのこ」劇場
地上波のスターがテレビで見せない姿を捉えた
キャンペーンへの応募条件は180分間ひたすらに待つこと
桃太郎といざ鬼ヶ島!SNSで出演者募集
動画の世界から飛び出した温泉エンターテインメント施設
『読書シズル』を表現する新キャラクターは白い猫
車窓の外に広がるのはゲームの世界!?
3年目を迎える害虫対策啓発広告キャンペーン
ロングセラーブランドだからこその「ドッキリ企画」
原作に容疑者として登場できる!ファン垂涎の「2億冊事件」とは
RADWIMPSが楽曲書きおろし、アクエリアスの「渇き」キャンペーン

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る