IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

PICK UP

ロングセラーブランドだからこその「ドッキリ企画」

江崎グリコ/パピコ 「パピコ ドッキリ企画東京」

一般の生活者にパピコが仕掛けた「ドッキリ」を軸にしたキャンペーン。高級感のある空間で、パピコだと知らされずに提供されたら気づくのか。長く親しまれているロングセラー商品だからこそ仕掛けた企画だ。

「パピコドッキリ企画東京」キャンペーンビジュアル。

生活者を驚かせ 生の声を聞くキャンペーン

江崎グリコのアイスブランド「パピコ」は、5月20日より新テレビCM「パピコドッキリ企画東京」篇の放映を開始した。CMは「ドッキリ企画」の文字が浮かぶ中、女優の吹石一恵さんがグラスに盛りつけられたパピコを手に、「実はこれ…」と語りかけるシーンから始まる。画面が切り替わり、グラス入りパピコを食べて驚く人々の様子が次々に映し出されていく。

このCMに登場するのは、実際にパピコに「ドッキリ企画」を仕掛けられた人たち。この企画では一般の主婦や女子大生、小学生からグルメ評論家までが「とあるブランドの新作スイーツ試食会」という名目でホテルのレストランに集められ、グラスに盛りつけられたアイスを味わう。それぞれが「口に入れるとすぐに溶ける」「高級感がある」など、思い思いの感想を述べていると、担当シェフが現れ、実は提供した新作スイーツが「何も手を加えてないパピコ」だったことを明かすという内容だ。

普段から身近にあるはずのパピコだが、グルメ評論家までもが高級アイスと勘違いした。ドッキリを通じて、先入観なくパピコの「なめらかさ」を体感してもらうことが狙いで、リアルな反応をCMとWebムービーで公開している。

パピコのイメージキャラクター 女優 吹石一恵さん。

先入観を取り払い 新たなブランドイメージを伝える

この「ドッキリ企画」自体は、昨年の6月からWeb限定でスタートしていた ...

あと54%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

PICK UP の記事一覧

3年目を迎える害虫対策啓発広告キャンペーン
ロングセラーブランドだからこその「ドッキリ企画」(この記事です)
原作に容疑者として登場できる!ファン垂涎の「2億冊事件」とは
RADWIMPSが楽曲書きおろし、アクエリアスの「渇き」キャンペーン
沢尻エリカから電話の折り返し!?「すっきりしない」あなたにメッセージ
全く違うCMを同時放映する 前代未聞の広告キャンペーン
Web上に出現した「理想のクラス」で中高生の心をつかむ
ブランドスタートから15年目に初の大リニューアル
巨大なセットで部屋の重力を変化させる驚きの映像
学校を舞台にジャスティン・ビーバーが「学割ってる?」新CMシリーズスタート
元旦の朝日新聞に「テレビ番組表」を広告出稿
家族へ、恋人へ、友達へ、自分自身へ 想い広がるペーパーカットアニメーション

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る