IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

PICK UP

RADWIMPSが楽曲書きおろし、アクエリアスの「渇き」キャンペーン

RADWIMPSがアクエリアスのために新曲『サイハテアイニ』を書き上げた。疾走感のある音楽と共に、プロサーファーやモデルから、サラリーマンや学生まで誰もが共感できる「渇き」の場面が次々に登場する。

CMソングを担当したRADWIMPS 野田洋次郎さんも出演。

アクションシーンをこなす女優 清野菜名さん。

「運動時」から「日常」に 飲用シーンを広げる

アクエリアスは、スポーツ飲料市場が伸び悩む中でより多くの人にブランドへの親しみを感じてもらえるよう、新キャンペーンを開始した。「部活動など激しい運動時のドリンク」というイメージから飲用シーンを広げていくことはアクエリアスにとって課題の一つだった。そこで近年、盛り上がりを見せるヨガやウォーキングなどのスポーツや日常のアクティブなシーンも含めた訴求を行い、ユーザーとの継続的な関係構築に力を入れてきた。

今回、キャンペーンのキービジュアルは「サーフィンをする女性」や「スーツ姿で走る男性」などアクティブなシーンを表すビジュアルと、その場面で生じる感情を示す「挑。」「進。」などの漢字一字で構成されている。これは、日常にある“カラダとココロの渇き”をさまざまな視点から表現することが狙いだ。またテレビCMでは、10~20代を中心に幅広い世代から支持を受けるRADWIMPSがアクエリアスのために書き下ろした新曲を使用し、キャンペーン全体を通じて気軽に運動をする層にも訴求する展開となっている。

実施の背景に関して、日本コカ・コーラマーケティング本部 ウォーター&スポーツカテゴリー スポーツグループ シニアマネジャー 田口美穂さんは「アクティブな日常を送る人を広くターゲットとして捉え、共感を生むキャンペーン企画を依頼しました」と説明する。

それを受けて、普段から同社の広告を制作している電通から、これまで訴求してきた身体的な“渇き”に加えて、アクティブに活動する際の「~したい」という心の“渇き”まで捉えた本企画が提案された。「より広いターゲットに対して、ブランドへの共感を高めてもらうために、『人はとっても渇くから。』というコピーはとても納得感がありました」と田口さんは決め手も明かした。

10種のシーンで共感の間口を広げる

このキャンペーンではオムニバス形式の表現が一つのポイントで、10種のキービジュアルが用意された。そのため屋外広告や店頭では、複数のビジュアルが並んで掲出され、目に入った人がその中のどれかに自分の日常を重ね合わせられるような設計になっている。

「いずれのビジュアルもアクティブであり、かつ、カラダとココロの渇きが同時に伝わるものであることを意識して選びました」とマーケティング本部 IMC マーケティングアセット グループマネジャーである安念剛さんは話す ...

あと39%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

PICK UP の記事一覧

原作に容疑者として登場できる!ファン垂涎の「2億冊事件」とは
RADWIMPSが楽曲書きおろし、アクエリアスの「渇き」キャンペーン(この記事です)
沢尻エリカから電話の折り返し!?「すっきりしない」あなたにメッセージ
全く違うCMを同時放映する 前代未聞の広告キャンペーン
Web上に出現した「理想のクラス」で中高生の心をつかむ
ブランドスタートから15年目に初の大リニューアル
巨大なセットで部屋の重力を変化させる驚きの映像
学校を舞台にジャスティン・ビーバーが「学割ってる?」新CMシリーズスタート
元旦の朝日新聞に「テレビ番組表」を広告出稿
家族へ、恋人へ、友達へ、自分自身へ 想い広がるペーパーカットアニメーション
『相棒』の登場人物が話しかけてくる!会話サイネージ
アラサー女子の“妄想”をサポート サントリー初のデジタルPR

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る