日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

テレビに取材される方法

リサーチャーも企業ネタを求めている?テレビ取材の最短距離は「ネット」にあり

東洋大学 総合情報学部 准教授 藤本貴之

テレビに取り上げられる最短ルートは、ウェブ上の企業コンテンツの最適化にあった─。番組制作のネタ元として、ネットが重要な情報源となっている今。テレビのリサーチャーに指名される具体的なノウハウについて、専門家が解説する。

テレビのリサーチャーに映像をイメージさせるためには、動画コンテンツも充実させたい。

インターネットの普及で、若年層を中心にテレビ離れが指摘されることもある昨今。一方、ドラマ『あまちゃん』や『半沢直樹』は社会現象を巻き起こし、ロケ地の観光振興に貢献。オリンピックやワールドカップの際は、多くの人がテレビの前に釘付けになる。ブームを巻き起こす力を持つテレビと、広報はどう付き合うべきか。『映像メディアのプロになる!~テレビ業界の実像から映像制作・技法まで~』(河出書房新社)の著者で、テレビやデザイン、ウェブコンテンツなどに造詣が深い藤本貴之東洋大学准教授に、ネット時代のテレビとの付き合い方について解説してもらった。

制作者も視聴者も保守的に

テレビへの広報を考える上で、藤本氏がまず押さえておくべきだと語るのは…

あと86%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

テレビに取材される方法 の記事一覧

商品開発秘話や世界的な技術にも注目、『スーパーニュースアンカー』プロデューサーに聞く
「東海仕事人列伝」が人気、東海テレビ放送『スタイルプラス』プロデューサーに聞く
企業と共同開発のヘアアイロンがヒット、テレビ西日本『ももち浜ストア』 プロデューサーに聞く
「井戸端会議」目線で地元企業を応援、中京テレビ『キャッチ!』プロデューサーに聞く
商品開発からPRまで企業タイアップの実績も多数、北海道テレビ放送『イチオシ!』
「なぜか売れない新商品」も取り上げる、九州朝日放送の番組『アサデス。』
福岡放送『めんたいワイド』プロデューサーが語る、地元視聴者の満足度を高める方法
関西企業が続々登場、NHK 大阪『ルソンの壺』 齋藤真貴プロデューサーに聞く
中小企業にアプローチのチャンスあり?朝日放送『おはよう朝日です』
TBS『あさチャン』プロデューサーが語る「人に注目するニュース」へのこだわり
長嶋、王・・・・著名人も一目置く、元日テレ名物アナが語る テレビのこれから
リサーチャーも企業ネタを求めている?テレビ取材の最短距離は「ネット」にあり(この記事です)
名古屋テレビの朝番組『ドデスカ!』がこだわる、「地元らしさを程良く出しつつ、出しすぎず、地元を応援する」スタンス
企業潜入バラエティ番組『リアルスコープ』、取材先選びのポイントとは?
札幌テレビ『どさんこワイド179』、30秒の商品PRコーナーは数カ月待ちの人気
「カットされないコメントのコツは?」「どうすればテレビ局にリーチできる?」 制作現場に聞いた テレビ広報Q&A
企業広報に大人気のテレビ番組『ワールドビジネスサテライト』、リニューアルで何が変わった?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する