広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

経営の多角化目指す 新聞各社の新たな取り組み

宮浦 慎

低迷続く新聞業界に新たな可能性 来客数6万人超えのボルダリング施設

「若者の新聞離れ」が指摘されて久しい昨今。新聞の発行部数は依然下がり続け、全国、地方紙問わず、新聞各社には厳しい状況が続く。

こうした状況に対応するため、新聞社はこれまでもメディア環境の変化に対応したデジタル事業や、自社が根差す地域のイベント企画など、紙以外のビジネスにも挑戦してきた。最近では、テーマパーク事業など、かつてない取り組みも現れ始めている。本稿では、新聞各社の経営多角化に向けた新たな取り組みを紹介したい。

まずは、広島の中国新聞社が、2018年3月、突起のある壁を登るスポーツ・ボルダリングが楽しめる施設「ちゅーピーアスレチックSOLAE(ソラエ)」を開設。ボルダリングは2020年東京五輪の新競技・スポーツクライミングの種目に採用され、若者を中心に人気が高まっている。

施設は、子どもが気軽に楽しめるよう設計された。メインの壁(幅12メートル、高さ4.5メートル)の他に、ロープやはしごの付いた壁を13面用意。ただし、すべての設備が使えるのは小学生以上となる。利用料は1800円(税込み)。90分の入れ替え制とした。

中国新聞の印刷工場を中心にプールや入門ゴルフコースも備えた「ちゅーピーパーク」(広島県廿日市市)内に整備された …

あと66%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

最新アバターとパントマイムが生み出す 新感覚エンタメ
訪日外客数、来年目標4000万人「MICE」誘致で大きく後押し
プロモーションの基本を習得 プロモーショナル・マーケター認証制度
新宿駅が映画『天気の子』の聖地に 駅広告の可能性を広げた特別装飾
経営の多角化目指す 新聞各社の新たな取り組み(この記事です)
東京オリパラまで残り1年 開催向け、放送各局の準備本格化
8月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(2)
8月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(1)
奨学・奨励金やインターネット応募など 配達員の応募増に新聞社が注力
「情報銀行」認定の第1弾 認定証が授与される、他 7月の広告界注目ニュース
ACジャパンの2019年度広告が完成、他7月の広告界注目ニュース
NTTの映像技術「スポーツ観戦の再創造展」 進化を続けるメディアテクノロジー
2018年1月~12月のイベント消費規模発表 「イベント消費規模は7年連続の伸長」
第72回広告電通賞贈賞式 アクティベーション・プランニング最高賞は福島民報社
東急電鉄、小田急電鉄がサイネージ新商品 OOHメディアの中で進む高機能商品化の動き
インターネット広告費、2024年に4マス媒体超えか 日本は他国に比べてテレビが持ちこたえる
NHK「技研公開2019」と放送法改正から見る 通信と放送の融合やデジタル技術との融合
「第5回JACEイベントアワード」が決定 進化するイベントの今後に注目

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する