広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

東京オリパラまで残り1年 開催向け、放送各局の準備本格化

明石庸司

特番司会には嵐や関ジャニ∞ 放送各局、「異例の早さ」で準備進む

2020年7月24日開幕の東京五輪・パラリンピックまで1年を切った。放送各局は早くもメーンキャスターや総合司会を発表し、NHKにおいては、番組の常時インターネット配信への準備も始まっている。

フジテレビ系列のメーンキャスターにはアイドルグループ「関ジャニ∞」の村上信五氏が、TBS系列は大会の総合司会に同社の安住紳一郎アナウンサーが各々就任。一方、NHKは嵐が、「NHK東京2020オリンピック・パラリンピック放送スペシャルナビゲーター」に就いた。

自国開催ということもあり、各社ともこれまでの大会に比べ異例の早さでの発表となっている。村上氏はこれまでもフジテレビのスポーツ番組で司会を務めてきた実績があり、現在も「村上信五∞情熱の鼓動」のMCを務めている。

また、安住アナも7月から放送を開始した、五輪で活躍が期待されるアスリートから本音を聞き出す「東京VICTORY」に出演。嵐も7月24日放送のNHK特番「2020スタジアム東京五輪開幕1年前SP」で、IOCのトーマス・バッハ会長にインタビューを実施。継続的な番組での取り上げを通じ、大会そのものの機運醸成と大会中継の視聴に結びつける戦略がうかがえる …

あと68%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

最新アバターとパントマイムが生み出す 新感覚エンタメ
訪日外客数、来年目標4000万人「MICE」誘致で大きく後押し
プロモーションの基本を習得 プロモーショナル・マーケター認証制度
新宿駅が映画『天気の子』の聖地に 駅広告の可能性を広げた特別装飾
経営の多角化目指す 新聞各社の新たな取り組み
東京オリパラまで残り1年 開催向け、放送各局の準備本格化(この記事です)
8月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(2)
8月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(1)
奨学・奨励金やインターネット応募など 配達員の応募増に新聞社が注力
「情報銀行」認定の第1弾 認定証が授与される、他 7月の広告界注目ニュース
ACジャパンの2019年度広告が完成、他7月の広告界注目ニュース
NTTの映像技術「スポーツ観戦の再創造展」 進化を続けるメディアテクノロジー
2018年1月~12月のイベント消費規模発表 「イベント消費規模は7年連続の伸長」
第72回広告電通賞贈賞式 アクティベーション・プランニング最高賞は福島民報社
東急電鉄、小田急電鉄がサイネージ新商品 OOHメディアの中で進む高機能商品化の動き
インターネット広告費、2024年に4マス媒体超えか 日本は他国に比べてテレビが持ちこたえる
NHK「技研公開2019」と放送法改正から見る 通信と放送の融合やデジタル技術との融合
「第5回JACEイベントアワード」が決定 進化するイベントの今後に注目

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する