広告マーケティングの専門メディア

Pick Up!(PR)

デジタルを活用したマーケティング施策を表彰「コードアワード2014」結果レポート

D2C

デジタルを活用したマーケティングコミュニケーション施策を評価する「コードアワード2014」の贈賞式が開催された。本賞には、新時代をけん引する秀逸事例が集まった。受賞作の紹介と共に未来を展望する。

img01

贈賞式にて、壇上に上がった受賞者たち。

「コードアワード」(主催:D2C)は、これまで12 回にわたり開催されてきた「モバイル広告大賞」を継承する形で、2014年よりマルチデバイス時代のデジタルマーケティングを対象としたアワードとして生まれ変わった。「CODE」は「Creativity Of Digital Experiences(デジタル体験の創造性)」の頭文字で、デジタルがもたらす新たな体験と創造性が、デジタルマーケティングに新たな価値をもたらすという意味が込められている。

審査対象は、企業・ブランド・自治体などが提供する商品やサービスなど、デジタルを活用したマーケティングコミュニケーション施策全般。デバイスの種類や施策の規模に関係なく、その手法やアイデア、成果などを評価した。早稲田大学商学学術院 教授の恩藏直人氏が審査員長として、伊藤直樹氏(PARTY)、及川直彦氏(アプライド・プレディクティブ・テクノロジーズ)、杉山知之氏(デジタルハリウッド大学)、田中里沙(宣伝会議)、夏野剛氏(慶應義塾大学大学院)、堀江貴文氏(SNS)、皆川治子氏(TBWA\HAKUHODO)が審査に当たった。

栄えある初代グランプリを獲得したのは、エバラ食品工業 浅漬けの素の統合キャンペーン「おくちの中の遊園地」。古いイメージを持たれていたロングセラー商品を、若い母親たちにアピールするため、「子どもが野菜を食べるきっかけづくり」をコンセプトにWebサイトや遊園地での体験イベントを実施した。“デジタルとリアルの融合”に取り組んだ応募作が多かった中、両者を有機的に結びつけた新たな“体験”を創造した点が評価された。同社 商品開発部 家庭用商品開発第一課の毛利英輔氏は「デジタル領域だからこそできる提供価値の伝え方にチャレンジした。共に制作に関わった皆さんに感謝したい」と壇上で受賞の喜びを語った。

審査員の夏野剛氏は全体講評として「審査員を苦しませる魅力的な作品が多かった。『IoT(Internet of Things)』というキーワードがマーケティングの世界で注目されているが、それを先取りするような取り組みが多く、日本のクリエイティブは世界でトップレベルにあると再確認した。日本のクライアントにはその力をもっと活用してほしい」とコメントした。贈賞式では、各賞の贈賞に加え、受賞企業による基調講演やパネルディスカッションが行われ、盛況のうちに幕を閉じた。

img02

トロフィーはPARTYによるデザイン

img03

審査員の夏野剛氏より、エバラ食品工業毛利英輔氏へのグランプリ贈賞。

グランプリ

img04

エバラ食品工業「おくちの中の遊園地」
(ビーコン コミュニケーションズ / BIRDMAN inc. /amana inc. /Wolk inc. / Synario inc. / plaplax ltd.)

若年層のママ世代に訴求する統合キャンペーン

「子どもが野菜を食べるきっかけ作り」をコンセプトに、「浅漬けの素」のキャンペーンを展開。PCのWebカメラの前で口を動かすことで野菜を食べる疑似体験ゲームができるWebサイトの開設とソーシャルメディアでの拡散、また夏休みの遊園地でイベントを開催。骨伝導テクノロジーを応用したオリジナルデバイスを開発し、楽しく浅漬けを食べる体験を提供した。

ベスト・イフェクティブ

img05

良品計画「MUJI passport」
(ユニット・ワン / リヴァンプ)

アプリを核としたオムニチャネルプラットフォーム

公式アプリ「MUJI passport」を核に、店舗・EC・SNSすべての行動を統合させるオムニチャネルプラットフォームを構築、顧客と無印良品をつなぐ“究極のゲートウェイ”として運用に成功した。

ベスト・ブランディング

img06

雪印メグミルク「オレたちのゆきこたんプロジェクト」
(博報堂 / ヴァンクラフト)

擬人化コンテストで若年層ファンの獲得に成功

「雪印コーヒー擬人化イラストコンテスト」を開催し、ブランドキャラクター「ゆきこたん」を一般募集。人気キャラを掲載した特別パッケージの発売、さらにリアルアイドルグループも結成し、ブランドの若返りを達成した。

ベスト・キャンペーン

img07

サントリーホールディングス「3D on the Rocks」
(TBWA\HAKUHODO / TOKYO / mount inc. /amana inc.)

氷の形を楽しむウイスキーの新しい飲み方を提案

最新の3D技術を使って様々な形状の氷を超精密に削り出し、ロックで楽しむウイスキーの新しい飲み方を提案。お酒への興味が低い若年層の間での話題作りに成功した。

ベスト・ユーズ・オブ・メディア

img08

ヤフー「さわれる検索」
(博報堂ケトル / エイド・ディーシーシー)

検索×3Dで次世代検索のコンセプトモデルを提示

音声検索システムと3Dプリンタを組み合わせたコンセプトモデル「さわれる検索」を独自開発し、全国の盲学校で体験授業を実施。「インターネットの未来」を具現化して提示した。

パブリック・ベスト

img09

ロッテ「自撮り48」
(博報堂 / TBWA\HAKUHODO / AOI Pro.)

HKT48の自撮り動画投票キャンペーン

HKT48のメンバーが自分で企画や演出を考え、ロッテのチョコ製品を使って自撮りした動画をYouTubeに公開して人気投票キャンペーンを実施。1位に選ばれたメンバーがCMに出演できる形にして投票を促進した。

    その他の受賞作品

    グッド・イフェクティブ

    住友スリーエム「PAPER CRAFT SEARCH ENGINE」
    (アサツー ディ・ケイ / Wab Design INC. / パラゴン)

    楽天 東北楽天ゴールデンイーグルス応援コンテンツ「ソーシャルビールかけ」
    (ラナエクストラクティブ)

    グッド・ブランディング

    オリエンタルランド 「HAPPINESS CAM」
    (バスキュール)

    Z会「超難問コロシアム[Z1]」
    (博報堂 / テー・オー・ダブリュー)

    グッド・キャンペーン

    日本コカ・コーラ「話せる自販機GEORGIA」
    (電通 / ティー・ワイ・オー)

    グッド・ユーズ・オブ・メディア

    大塚製薬「POCARI MUSIC PLAYER」
    (電通 / GOCCO Japan / northshore maika'i /ワークアップたき)

    KADOKAWA /『貞子3D2』製作委員会「貞子3D2 スマ4D」
    (面白法人カヤック)

受賞作品の詳細および贈賞式での講演動画は下記URLに掲載

http://www.codeaward.jp/

Pick Up!(PR) の記事一覧

最新メディアプランニングから考える組織とは
広告効果を最適化させるメディア配分とは
オムニチャネル時代のデジタルマーケティングセミナー
「ブランディング」とは「幸せな関係づくり」である
デジタルを活用したマーケティング施策を表彰「コードアワード2014」結果レポート(この記事です)
さらなるユーザー満足を目指し、デジタルマーケティング分析を強化
マーケター3000名が来場 最新のデジタルマーケティングサービス発表セミナー
マーケティングのプロが語る「不動産業界と街づくり」
他キャラクターと一線を画す独自路線のチャリティ活動
ROIを3カ月で500%アップさせたカスタマーエクスペリエンス
検索される「言葉」を軸に発想するコンテンツSEO
複雑化するカスタマージャーニーの読み解き方
オムニチャネル時代の顧客マーケティング
ブランドの世界を広げる!専門家とのコラボレーション
「個客」価値を可視化するマーケティング戦略とは?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する