広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

ディズニーのインタラクティブ部門が開発した「INFINITY」、米国でいよいよ発売

通信・IT(志村一隆)

126_01.jpg

ディズニーとピクサーの人気キャラクターが集結するビデオゲーム「INFINITY」はテレビ画面内と実際の人形とを使用して楽しむ。

ゲームの祭典で人目を引いたのは

ダウンタウンに向かうハイウェイの車窓から、晴れた空に白く巨大なコンベンションセンターが見えた。梅雨空の東京を抜け出し、ロサンゼルスで開催されたゲームの祭典"E3(Electronic Entertainment Expo)"に来ている。今回、最も面白いと思ったのは、ディズニーの「INFINITY」。ディズニーとピクサーの人気キャラクターを利用したゲームプラットフォームで、北米ではこの8月に発売される。

ビデオゲーム画面だけでなくUSBで接続可能なボードとデータ保存が可能なキャラクターの人形も使用。人形3体が付いてくるスターターキットは75ドル、そのほか別売りの人形は1体12ドルだ。『パイレーツ・オブ・カリビアン』『カーズ』など誰もが知っているキャラクターを買い、スターターキットについているボードに置いて遊ぶ。その人形の質感もとてもカワイイのだ。

あと74%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

Facebookも活用、日本マーティング学会のWEBサイト事業
4K・8Kに対応「次世代放送推進フォーラム」設立
2012年は894人が受験、求められる「プロモーショナル・マーケター」資格
「デジタルサイネージアワード」入賞作品の評価ポイント
マトリクスで分かる、企業の「周年行事」8パターン
富士山に続き世界遺産登録へ、上毛新聞社「ぐんま絹遺産」CM映像を募集
ディズニーのインタラクティブ部門が開発した「INFINITY」、米国でいよいよ発売(この記事です)
十勝毎日新聞社が広告局を分社化
脱出ゲームに障害物競争...経験と創造に訴えるリアルイベント
ポーラ「ニッポン美肌県グランプリ」にプロモーショナル・マーケティング大賞
ダービートレインに7200人が「いいね!」、京王電鉄とJRAがタイアップ
心理学やビッグデータと結びつく「ゲーミフィケーション」の今
NHK、ネット利用拡大目指し要望書を提出
フィリップ・コトラー教授、10年ぶりに来日
イベント開催までの「空白期間」に眠るチャンス
研究者と実務者の議論の場に
LTE Broadcastの可能性とは?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する