広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

「デジタルサイネージアワード」入賞作品の評価ポイント

アウトドア(吉田勝広)

123_01.jpg

「THE FUN GATE」KDDI(au)(ゴールド賞)

参加型・体験型サイネージが多数

6月12日から3日間、デジタルサイネージジャパン2013が幕張メッセで行われ、初日にはデジタルサイネージアワード2013の発表があった。昨年度内に国内で放映し公募したデジタルサイネージのクリエイティブ作品の中から、優秀な作品を選出し表彰することで、デジタルサイネージ市場をさらに活性化していくことを目指したものだ。今回の特徴は、受賞作品9つのうち、7つがデジタルテクノロジーを使ったインタラクティブな参加型・体験型サイネージだった点だ。その中から広告プロモーションとして使われたものを紹介する。

体験(経験)価値の創造

auは「auスマートパス」のプロモーションで新宿駅前の公道スペースに、横幅約5m、全長約30mにおよぶインタラクティブサイネ―ジストリート「THE FUN GATE」を出現させた。ゲートを通った人の顔をわずか1秒でポリゴン化し、auスマートパスの歌を歌う動物キャラクターの顔へとすぐに合成した。その姿は立ち並ぶサイネージに、アニメーションバナーとなって次々と放映されていった。なんとも楽しいできばえ。合成された自分のキャラクター画像はスマホに入れ持ち帰ることも可能だった。2日間で約1万人がゲートを通過し、約5000パターンのアニメーションバナーが生成されたという。

ブロンズ賞のバカルディ ジャパンは「ココロを解き放つ」というブランド価値を伝えるため、「お酒を飲むと声が大きくなる」というドリンカーの特性に着目。人々の叫び声の大きさに比例して胸元が透けるという特殊なサイネージ衣装を着たバカルディ・スクリームガールズを、日本各地の繁華街に出没させ、一定以上の大声を出した人にカクテルを提供した。

あと49%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

Facebookも活用、日本マーティング学会のWEBサイト事業
4K・8Kに対応「次世代放送推進フォーラム」設立
2012年は894人が受験、求められる「プロモーショナル・マーケター」資格
「デジタルサイネージアワード」入賞作品の評価ポイント(この記事です)
マトリクスで分かる、企業の「周年行事」8パターン
富士山に続き世界遺産登録へ、上毛新聞社「ぐんま絹遺産」CM映像を募集
ディズニーのインタラクティブ部門が開発した「INFINITY」、米国でいよいよ発売
十勝毎日新聞社が広告局を分社化
脱出ゲームに障害物競争...経験と創造に訴えるリアルイベント
ポーラ「ニッポン美肌県グランプリ」にプロモーショナル・マーケティング大賞
ダービートレインに7200人が「いいね!」、京王電鉄とJRAがタイアップ
心理学やビッグデータと結びつく「ゲーミフィケーション」の今
NHK、ネット利用拡大目指し要望書を提出
フィリップ・コトラー教授、10年ぶりに来日
イベント開催までの「空白期間」に眠るチャンス
研究者と実務者の議論の場に
LTE Broadcastの可能性とは?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する