広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

フィリップ・コトラー教授、10年ぶりに来日

日本マーケティング学会

ネスレ日本やユニ・チャーム、ローソンのトップも登壇

日本を代表する経営トップとのディスカッションの様子。

日本マーケティング協会は日本マーケティング学会、ネスレ日本と共同で6月17日「コトラー・カンファレンス2013」を開催した。世界的なマーケティングの大家であるフィリップ・コトラー教授(ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院)の来日は10年ぶり。今回の来日は、日本マーケティング協会の創立55 周年、日本マーケティング学会の設立、ネスレ日本の創立100周年を記念した事業の一環として実現した。

カンファレンスは、コトラー教授の基調講演他、慶應義塾大学の嶋口充輝名誉教授がモデレーターを務め、ネスレ日本の高岡浩三代表取締役社長兼CEO、ユニ・チャームの高原豪久代表取締役社長執行役員、流通科学大学の石井淳蔵学長が登壇したパネルディスカッション「持続的経済成長を実現するマーケティング経営:成熟市場下で企業がとるべき道」、I MDのドミニク・テュルパン学長がモデレーターを務め、コトラー教授、高岡社長兼CEOに加え、ローソン・新浪剛史代表取締役CEOが登壇したパネルディスカッション「イノベーションが日本を成長させる」の3部で構成された。

基調講演のテーマは「マーケティング指南:日本がとるべき8つの方法」。

あと67%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

十勝毎日新聞社が広告局を分社化
脱出ゲームに障害物競争...経験と創造に訴えるリアルイベント
ポーラ「ニッポン美肌県グランプリ」にプロモーショナル・マーケティング大賞
ダービートレインに7200人が「いいね!」、京王電鉄とJRAがタイアップ
心理学やビッグデータと結びつく「ゲーミフィケーション」の今
NHK、ネット利用拡大目指し要望書を提出
フィリップ・コトラー教授、10年ぶりに来日(この記事です)
イベント開催までの「空白期間」に眠るチャンス
研究者と実務者の議論の場に
LTE Broadcastの可能性とは?
東京スカイツリーへの送信所移転は大詰めに
つり革からオンラインへ
海外有力紙と日本の老舗紙、電子版で協力拡大
「巨大小売業」の時代

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する