日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

広報の仕事 大予測2016

西武ホールディングス・広報部長に聞く2016年の戦略「事象を予見し、先取りできる広報へ」

西武ホールディングス 取締役上席執行役員広報部長 西山隆一郎

西武ホールディングス 取締役上席執行役員広報部長
兼西武鉄道取締役 上席執行役員広報部長
西山隆一郎氏(にしやま・りゅういちろう)

みずほフィナンシャルグループから2009年西武HDに入社し、広報室長。2014年から現職。

西武グループは54社で構成していますが、西武鉄道、プリンスホテル、西武バスなど8社を核とし、西武ホールディングス(HD)がガバナンスしています。各社に広報担当者がおり、前向きなパブリシティ活動は原則各社の裁量に任せています。ただし、グループをまたいだ案件などはHD 広報も一緒に動きます。一方、事件・事故などのクライシスが発生した際は、HD 広報が、できる限りオープンに公表するという方針のもと、発表の仕方からリリースのチェックまで細かくサポート。HD広報は、グループ会社のために汗を流す、という方針のもと行動しています。

また、広報案件が頻繁に発生する15社の担当者が集まる「西武グループ広報戦略会議」を月1回実施し、成功事例などを共有しています。各社、得意とする地域も媒体も異なるので、会議の場でノウハウを共有するのは非常に重要。時には ...

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広報の仕事 大予測2016 の記事一覧

デルの広報責任者が語る効果測定「活動の80%以上を定量化 ロジックありきの広報へ」
広報効果測定の指標 「マーケティングへの貢献」導入している企業は11.7%
「危機管理マニュアルあり」は約半数 企業のリスク管理の実態とは?
広報業務の外部委託の実態 「取材協力費」求められた企業は12.6%
3割が導入のグローバル広報 「企業サイトの多言語対応」は5割超える
社内広報もデジタルシフト 7割が「イントラで発信」紙媒体を上回る
「約3割がサイトリニューアル検討中」数字で読む、デジタルPRの実態
外部リリース配信、6割が「効果あり」 111社の広報活動の実態とは?
調査データから読む広報の仕事 全活動でデジタルシフトが加速
西武ホールディングス・広報部長に聞く2016年の戦略「事象を予見し、先取りできる広報へ」(この記事です)
西武HD・後藤高志社長が語る 過去最高益を支えた「グループ広報」の力
デルの新トップは広報出身「広報は社長の目であり、耳であり、口であるべき」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する