日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

広報の仕事 大予測2016

西武HD・後藤高志社長が語る 過去最高益を支えた「グループ広報」の力

西武ホールディングス 代表取締役社長 後藤高志

2015年11月に中間決算として過去最高益を更新した西武ホールディングス(HD)。西武グループの再起をかけて、後藤高志社長が注力してきたのが全職員とのビジョン共有だ。社員のマインドを変え、組織を生まれ変わらせる─。推進役を担ったのが広報部門だった。

(中央)西武ホールディングス 代表取締役社長 後藤高志氏(ごとう・たかし)
1972年第一勧業銀行に入行、2004年みずほコーポレート銀行副頭取に就任。05年メインバンクとしていた西武グループを再建するため、西武鉄道代表取締役社長、06年西武HD代表取締役社長。好きな言葉は「朝のこない、夜はない」。東大ラグビー部時代のポジションはウイング。

埼玉県所沢市の本社にて、広報部のメンバーと撮影。

企業再生の「立役者」

2014年4月、東証一部に上場した西武ホールディングス(HD)。2015年11月に発表された9月中間連結決算は、インバウンド(訪日観光)需要の伸びを最大限享受したプリンスホテルや西武鉄道の業績が好調。営業利益は前年同期比35.3%増の381億円と、中間期としての過去最高益を4期連続で更新した。2016年夏には、一大プロジェクトであるグランドプリンスホテル赤坂跡地の複合施設「東京ガーデンテラス紀尾井町」のオープンも控えており、2020年の東京五輪に向け日本の観光産業の牽引役を目指す。

同グループを率いるのが、後藤高志社長だ。西武鉄道が有価証券報告書虚偽記載をはじめとした度重なる不祥事で社会的な信用を失い、上場廃止にまで追いやられていた2005年に改革役を託されて、西武鉄道社長に就任。2006年には、グループ再編により持株会社制に移行した西武HD社長に就任した。東日本大震災での観光需要の冷え込みも乗り越え、2014年4月には9年ぶりの上場を果たすまでに同グループを成長軌道に乗せた立役者だ。

立て直しに当たり、後藤社長が最も重視したのが、西武グループが向かう方向性について記した「グループビジョン」だ。「でかける人を、ほほえむ人へ。」をスローガンとして掲げ …

あと78%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広報の仕事 大予測2016 の記事一覧

デルの広報責任者が語る効果測定「活動の80%以上を定量化 ロジックありきの広報へ」
広報効果測定の指標 「マーケティングへの貢献」導入している企業は11.7%
「危機管理マニュアルあり」は約半数 企業のリスク管理の実態とは?
広報業務の外部委託の実態 「取材協力費」求められた企業は12.6%
3割が導入のグローバル広報 「企業サイトの多言語対応」は5割超える
社内広報もデジタルシフト 7割が「イントラで発信」紙媒体を上回る
「約3割がサイトリニューアル検討中」数字で読む、デジタルPRの実態
外部リリース配信、6割が「効果あり」 111社の広報活動の実態とは?
調査データから読む広報の仕事 全活動でデジタルシフトが加速
西武ホールディングス・広報部長に聞く2016年の戦略「事象を予見し、先取りできる広報へ」
西武HD・後藤高志社長が語る 過去最高益を支えた「グループ広報」の力(この記事です)
デルの新トップは広報出身「広報は社長の目であり、耳であり、口であるべき」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する