販売促進の専門メディア

アクティベーションツール

ついにゲームがインフラ(電力サービス)に切り込んだ

杉浦 充(ADKマーケティング・ソリューションズ)

KDDIとスマホ人気ゲーム『モンスターストライク』(以下モンスト)から、衝撃的な新サービスがリリースされました。その名も「モンストでんき」。ゲーム内で使用できるアイテムが毎月もらえるという新しい電力サービスです。

「モンストでんき」は、KDDIと『モンスターストライク』による新しい電力サービス。2020年10月時点ではAndroidユーザー限定となっている。

©XFLAG

インフラに切り込んだモンスト

モンストは2020年10月にて配信7周年を迎え、ダウンロード数・売上金額・類いまれなプロモーションなど、日本のアプリゲーム界を牽引してきた王様のような存在です。そのモンストが新たに生み出したのは「電力サービス」。他社事例として、ソフトバンクでんきは広告クリエイティブにピカチュウ(ポケットモンスター)を使っていますが、「モンストでんき」は、サービス自体をつくっている形。ユーザー数の多いモンストだからこそ為せる業ですが、ゲームが電力サービスにまで切り込んでくるとは正直驚きました。

内容としては「モンストでんき」に加入すると、毎月モンスト内で使用できるアイテムの特典がもらえるというもの。その特典も3コースの中から選択することができ、プレイヤーのレベル(楽しみ方)に合わせています。さらに...

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

アクティベーションツール の記事一覧

ライブコマースコンテンツ制作の注意点
ついにゲームがインフラ(電力サービス)に切り込んだ(この記事です)
『金 (きん)』はいただきました。
ジオラマで「感じさせる」、商品特徴の伝え方
ガラス瓶に見るパッケージデザインのヒント
有料チケット配信サービスの行方
フルオンライン化で変わるゲームの祭典
進化を続けるタクシーサイネージ
印象に残る体験型施策とは
グランスタ東京はパッケージデザインの宝庫
ライブコマースの収益を試算
約10万人のファンが熱狂したキャラクター生配信
「まいったな2020」のOOH、「嘆き」が呼ぶ共感
展示方法が、ブランドになる
老舗店とパッケージデザインの関係

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する