販売促進の専門メディア

アクティベーションツール

『金 (きん)』はいただきました。

平井健一郎

2020年10月某日、各地の“金”や“銀”といった財宝が「Lの一族」と名乗る者によって盗まれる事件が発生した。財宝といっても、盗まれたのは駅名表示看板の“文字”。「金沢文庫(きん)」「東銀座(ぎん)」や「白金高輪(プラチナ)」「新宿(しんじゅ)」といった、駅名の中に含まれる金目の名前が、様々な場所で消された。

実際の駅名表示と並ぶポスター。駅名の一部が盗まれたように見える。

東銀座駅では“銀”と共に、隣の宝町駅の“宝”も盗まれた。

盗まれた文字がSNSで話題に

もちろんこれは実際の盗難事件ではなく、フジテレビのドラマ「ルパンの娘」の告知のために実施されたプロモーションだ。泥棒がテーマであるドラマの世界観を現実空間で表現したものである。駅名の一部が盗まれたように見える看板は、電鉄や駅ごとに異なる駅名表示を精巧に真似てつくられたポスターだ。駅名の一部に犯行後の張り紙が貼られており、駅名が消えたように見えるデザインになっている。

今回のプロモーションにあたり、どの駅の何の文字が盗まれているかは発表されていなかった。そのため、SNS上ではファンによる捜索が行われた。盗まれた文字を発見した人たちからは...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

アクティベーションツール の記事一覧

ライブコマースコンテンツ制作の注意点
ついにゲームがインフラ(電力サービス)に切り込んだ
『金 (きん)』はいただきました。(この記事です)
ジオラマで「感じさせる」、商品特徴の伝え方
ガラス瓶に見るパッケージデザインのヒント
有料チケット配信サービスの行方
フルオンライン化で変わるゲームの祭典
進化を続けるタクシーサイネージ
印象に残る体験型施策とは
グランスタ東京はパッケージデザインの宝庫
ライブコマースの収益を試算
約10万人のファンが熱狂したキャラクター生配信
「まいったな2020」のOOH、「嘆き」が呼ぶ共感
展示方法が、ブランドになる
老舗店とパッケージデザインの関係

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する