販売促進の専門メディア

アクティベーションツール

約10万人のファンが熱狂したキャラクター生配信

杉浦 充(ADKマーケティング・ソリューションズ)

2020年7月11日、「THE IDOLM@STER 765プロダクション所属 星井美希特別生配信in SHOWROOM」が開催されました。『THE IDOLM@STER(アイドルマスター)』は、バンダイナムコエンターテインメントから発売されているアイドル育成シミュレーションゲーム。2020年7月で15周年を迎えた人気ゲームであり、数多くのファンを抱えています。

星井美希はその中でも特に人気を誇るキャラクターで、今回の生配信は「THE IDOLM@STER MR ST@GE!!MUSIC♪GROOVE☆」というイベントのアンコール公演が、新型コロナウイルスの影響で開催中止となったために行われたものです。シリーズ初のキャラクター生配信として、ライブ配信サービス「SHOWROOM」にて実施。わずか30分ほどの生配信でしたが、最終的には約10万人が視聴、Twitterでも関連ワードがトレンド入りするほどの人気ぶりでした。

『アイドルマスター』シリーズ初となったキャラクター生配信。バンダイナムコスタジオのリアルタイムモーションキャプチャ技術「BanaCAST」を利用して実施された。

©窪岡俊之 ©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

ファンからの膨大なギフティング

この配信で私が最も感銘を受けたのは、そのファンの“熱量”です。開始前から約3万人以上が配信を待機し、開演前にもかかわらず、本配信限定ギフトの...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

アクティベーションツール の記事一覧

ライブコマースの収益を試算
約10万人のファンが熱狂したキャラクター生配信(この記事です)
「まいったな2020」のOOH、「嘆き」が呼ぶ共感
展示方法が、ブランドになる
老舗店とパッケージデザインの関係
自社に合ったライブコマースとは?
プロモーションの可能性を広げる『選択式』ゲーム
サイネージで両立する安心・安全と集客
UZU、環境への配慮とブランドを体現した店頭ツール
伊右衛門からラベルが消えた日
チケット×ライブ配信がスタンダードに?
eスポーツが生む新しいエンターテインメント
場所の持つストーリーとともに
実店舗の価値を高める 体験型店頭ツール
この春の好意度ランキングNo.1パッケージ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する