販売促進の専門メディア

アクティベーションツール

ガラス瓶に見るパッケージデザインのヒント

小川裕子(小川裕子デザイン)

「Perfumer H」のボトル。イギリスのガラス職人によって一つひとつ手吹きでつくられている。

ガラスが大好きだ。ガラスというのは強くもあり、儚くもあり、美しくもあり、時には鋭い姿も見せつけてくる。どこか神秘的で魅惑的な生き物のようだ。ガラスの最高峰といえばバカラであろう。あの透明感とクオリティは圧倒的で、熟練の職人が一つひとつ吹きガラスでつくり上げているとは信じがたいが事実で、心から尊敬する。昔、吹きガラスを習っていた時期があったが、全く手に負えず2年で脱落した。それ以来、美しいガラス製品を見ると尊敬と憧れの目で見るようになった。

すべてがガラス素材のボトル

つい最近素敵なガラス瓶に出会った。その商品はARTS&SCIENCEで売られていた。ここはオーナーのソニア・パーク氏独自の商品とインポートものを扱う、こだわり抜かれた物たちが並ぶお店だ。一歩店内に入るとA&Sの世界に引き込まれ、ゆったりと時が流れていく。その空気感がとても好きである。

そんなある日、ふと立ち寄るとなんとも素敵なガラスのボトルが置いてあるではないか。薬瓶のような懐かしさも感じるアンバーカラーで、それでいて絶妙なフォルムに目が離せなくなり、商品の説明を聞いてみた。

この店は商品や店舗設計が良いだけではなく、スタッフさんの対応が素晴らしい。インポートのデザイナーさんの話や...

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

アクティベーションツール の記事一覧

ライブコマースコンテンツ制作の注意点
ついにゲームがインフラ(電力サービス)に切り込んだ
『金 (きん)』はいただきました。
ジオラマで「感じさせる」、商品特徴の伝え方
ガラス瓶に見るパッケージデザインのヒント(この記事です)
有料チケット配信サービスの行方
フルオンライン化で変わるゲームの祭典
進化を続けるタクシーサイネージ
印象に残る体験型施策とは
グランスタ東京はパッケージデザインの宝庫
ライブコマースの収益を試算
約10万人のファンが熱狂したキャラクター生配信
「まいったな2020」のOOH、「嘆き」が呼ぶ共感
展示方法が、ブランドになる
老舗店とパッケージデザインの関係

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する