販売促進の専門メディア

アクティベーションツール

老舗店とパッケージデザインの関係

小川裕子(小川裕子デザイン)

最近、若者の間ではレトロブームなのだとか。純喫茶に行き、クリームソーダを飲み、何故かカセットテープまでも流行っているらしい。世の中が未来に進みつつも古き良きものに鮮度感を持てることは柔軟で素敵だ。そこで今回はレトロなものが大好きな若者にも刺さるであろうパッケージを紹介したい。作者は「鈴木信太郎」画伯。そして彼は東京都内に全く違う2店舗の洋菓子店のために創作している。

手土産にしたくなる「マッターホーン」

まず1軒目は「マッターホーン」。東横線学芸大学駅からほど近くにその店舗があり、創業は1952年。現在68年目の老舗である。パッケージには、スイスの伝統衣装であろう服を着た女の子がクッキーの缶や紙袋にプリントされており、民芸の世界から飛び出して来たようなこの風合いや表情は一度見たら心に焼きついて忘れられないのである。そして誰かに伝えたくなる宣伝力。サインであろう「す.」までもが気になってくる。

カラーリングもピンクや深めのグリーンが絶妙である。なにより構成が大胆でシンプルなのが良い。潔いデザインというものは自信と覚悟がなければなかなかできるものではなく、強さとユーモアがかけ合わされた成功例ではないだろうか。このデザインを見ているとクスッと笑うしかないのである。なによりお菓子自体が飽きがこなく絶品なのだからお客さまが途絶えないのも納得である。

伝統衣装を着た女の子のなんとも言えないイラストがプリントされている、マッターホーンの紙袋。

あと58%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

アクティベーションツール の記事一覧

ライブコマースの収益を試算
約10万人のファンが熱狂したキャラクター生配信
「まいったな2020」のOOH、「嘆き」が呼ぶ共感
展示方法が、ブランドになる
老舗店とパッケージデザインの関係(この記事です)
自社に合ったライブコマースとは?
プロモーションの可能性を広げる『選択式』ゲーム
サイネージで両立する安心・安全と集客
UZU、環境への配慮とブランドを体現した店頭ツール
伊右衛門からラベルが消えた日
チケット×ライブ配信がスタンダードに?
eスポーツが生む新しいエンターテインメント
場所の持つストーリーとともに
実店舗の価値を高める 体験型店頭ツール
この春の好意度ランキングNo.1パッケージ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する