販売促進の専門メディア

Idea&Techniques

「養命酒」今度は外箱模したジャンボ抱き枕 若者ターゲットに話題性狙うプロモーション

養命酒製造

若者を強く意識した「養命酒デカふにゅ抱き枕セットプレゼントキャンペーン」のビジュアル。

「箱型なのにふにゅっふにゅ」。薬用養命酒の外箱を模した、高さ約130センチの巨大な抱き枕をプレゼントするWebキャンペーンが行われた。

「養命酒デカふにゅ抱き枕セットプレゼントキャンペーン」は、養命酒製造が昨年11月14日からことし1月31日にかけて実施。キャンペーンサイトで冷えと胃腸について学び、クイズに答えると抽選で20人に抱き枕と「ウェアラブル養命酒」(腹巻き)のセットをプレゼントするというもの。ダブルチャンスとして、外れた100人にも腹巻きをプレゼントした。

期間中、キャンペーンサイトには約100万人が訪れ、応募は15万件以上。パブリシティも好調で、ニュースサイトをはじめウェブメディアに70件ほどの記事が掲載された。

薬用養命酒は400年以上の歴史を持ち、認知率は100%に近い。ところが、同製品に対して20歳代~40歳代は「古臭い」とのイメージを抱き、身近に感じていない。このため、新規トライアルに至っていない現状がある。

そこで同社は「見せる広告ではなく、見てもらう広告」との発想のもと、主に若者向けにプロモーションを展開。過去3回、製品のボトルを模した巨大抱き枕プレゼントキャンペーンを行ったが、今回もユーザーに飽きられないよう、抱き枕は外箱をモチーフに過去最大の大きさを実現したという。

さらに、パブリシティやSNSに反応したユーザーがキャンペーンに積極的に「ツッコミ」を入れられる「余白」を設けた。例えば、抱き枕は「人をダメにするソファ」を連想させるよう意図。また、あえて腹巻きとは呼ばずに「ウェアラブル養命酒」とネーミングしている。

同社はこれまでもスマートフォンのモバイルバッテリーを養命酒に見立てた「養命酒スマホバッテリー」が当たるキャンペーンやマンガ『ゴルゴ13』とのコラボ企画も実施。一連のプロモーションの手応えについて同社は、「養命酒って面白いキャンペーンをやる会社なんだということが、少しずつ伝えられているのでは。商品のブランドイメージを変えることでトライアルへの障壁を下げられれば」としている。

高さ約130センチのジャンボ抱き枕は過去最大の大きさ。「ウェアラブル養命酒」とセットでプレゼントした。

Idea&Techniques の記事一覧

「養命酒」今度は外箱模したジャンボ抱き枕 若者ターゲットに話題性狙うプロモーション(この記事です)
オンキヨー初のスマートフォンを発売 製品をじっくり体験できるカフェがオープン
ワンタップでコンタクトレンズの注文・配送が可能なかんたん注文アプリが登場
自販機業界初、トクホ購入でポイント貯まる 企業の「健康経営」寄与が目的
あなたはプッチンする派?しない派? プッチン国民投票で話題化に成功
今度は自分がヒーローに!? ウルトラな男になれるアイテムを入手できるポップアップ・ショップがオープン
働く女性など対象に限定宿泊プラン 西武がプレミアムフライデーの需要喚起
花粉に悩まされているTwitterユーザーを『勝手に』当選候補にするおせっかいプレゼントキャンペーン
EVに1カ月乗り放題「プロトラベラー」 若者向けに魅力を発信
沢渡朔、野村佐紀子の写真をVRで体験
友チョココンテスト開催でバレンタインの手づくり需要を喚起
商品機能ではなくランニングの楽しみ方を訴求 アシックスが初のネット番組を公開
コンバース「ALL STAR」100周年企画で、スピーカー付きシューズを開発
マスク姿を投稿するとオリジナルイラストがもらえる フィッティのマスク美人画キャンペーン
サントリービールがコレクション欲を刺激する鉄道ARアプリで販売促進
正月モードを打破 眠眠打破がTwitterキャンペーンを実施
倍率12万のなかから選ばれし美尻のクリーナーが登場
縦スクロールマンガでスマホに最適化 佐賀県の移住プロモーション
「食べて投票」で100ポイント 第1回マクドナルド総選挙