販売促進の専門メディア

Pick Up!(PR)

「販促品オンデマンド」が目指すのは、あらゆる販促品が手軽に届くサービス

ヤマトシステム開発

システム開発や物流サービス事業を中心に、ヤマトグループを支えるヤマトシステム開発。いま、同社が手がける、販促品の効率化・適正化を実現するサービス「販促品オンデマンド」に注目が集まっている。ここでは、同サービスの特徴や利点を紹介する。

それぞれに顧客の名前を入れられる「名前入りノート」や分厚い販促品を製作することも可能だ

ヤマトグループのネットワークで最短で注文翌日には納品

ヤマトグループの傘下として、1973年に誕生したヤマトシステム開発。ITソリューションの開発・運用などを軸に、ヤマトグループのIT分野を全面的に担っている。

近年では、2001年頃より取り組んできたサービス「販促品オンデマンド」が充実してきている。ヤマトグループは、物流を単なる「コスト」から「バリューを生み出す手段」に変える「バリューネットワーキング構想」を掲げており、「IT、LT、FT」をベースに様々なサービスを連携させることで、付加価値の提供を目指している。

2013年9月には羽田空港近くに国内最大級の規模を誇る物流ターミナル「羽田クロノゲート」を開設し、施設内に「販促品オンデマンド」の主要拠点を設けている。

同サービス最大の特徴は、カタログ・パンフレット・DMといった幅広い印刷物のオンデマンド印刷から在庫管理、発送までを一括で行う点にある。

例えば、同サービス利用者が20部だけ営業パンフレットを必要としている。その場合、「◎◎のパンフレットを20部欲しい」とパソコンやタブレットでウェブ受発注システムに入力するだけでいい。「羽田クロノゲート」などで印刷・在庫されているパンフレットが、ヤマトグループのネットワークの力で最短翌日には納品される。

利用企業としては、自社に大量の販促品を保管する必要がなく、営業メンバーの業務効率向上による売り上げ拡大や、余計な販促ツール印刷費の減少が見込める。実際、同サービス導入によりコスト減を実現した企業が数多く存在している。

在庫・効率性・コストなどの課題を解決

「資料やパンフレットの申請が複雑で、販促品を注文してから到着するまで3~4日かかる」という課題を持っていた製薬メーカーは、サービス導入で注文から到着までが短縮され、ストックの必要性が少なくなったことから、保管コストが20%削減した。

また、ある家電メーカー系販売会社は「メーカーで製作された販促品手配の手間と費用がかかる」という課題解決に向けて、サービスを利用。結果、管理負担の軽減と物流費の削減につながった。ほかにも、トランクルームを借りて販促品を管理していたが、販促品を一括管理できるようになったため、レンタル費用を削減できた企業などがある。

製薬メーカーなどに重宝されている理由

「販促品オンデマンドを開始したきっかけは、大手製薬メーカーの資材在庫管理や配送のお手伝いをしたことです」と話すのは、同社e-オンデマンドソリューションカンパニー プレジデントの中村弘貴氏。現在、同サービスを利用する54社のうち、29社が製薬メーカーだ。

医薬品業界では薬事法改正などによる販促品の改版頻度が多く、大量に印刷してしまうと無駄になる場合がある。ただ、製薬品の場合、パンフレットの質が売り上げに大きく影響するため欠品は許されない。そうしたジレンマを解消するために必要な量を必要な時にだけ入手できる同サービスはうってつけなのだ。

「医薬品業界だけではなく、例えば保険業界なども、商品そのものを見せられないので販促品が重要。そうした、販促品に対する価値観が近い企業に、特に重宝されています」。

同社では、これまでの知見を活かし、他業界へもサービスを広げていきたい考えだ。

3Dプリンター導入も検討いずれは全販促品を網羅する

「現在、分厚い辞書のような販促品や、名前入りノートなども印刷することができます。お客さまからいただいた声も積極的に取り入れ、印刷物の種類を増やしてきました。今後は3Dプリンターを活用し、ノベルティや什器といった立体物にも挑戦したい。ヤマトシステム開発に頼めば、販促資材は何でも手に入ると思ってもらうことがゴールです」。

また、販促資材の種類の「幅」に加えて、上流工程である販促品のコンサルや企画の部分にも携わり、「業務工程」も拡大していく。

10年以上の印刷に関するノウハウに加えて、分析システムによるデータもある同社だからこそ、より効率的で適正な販促品づくりをアドバイスすることができる。

「いつでも、好きな量を印刷できる“便利”な部分にだけでなく、各販促品の“内容”や“品質”の部分に注力しています」。

販促品の幅や、業務工程の拡大、品質の向上を通して、これからさらに進化していく。

「羽田クロノゲート」内の様子。
東京ドーム2個分の施設面積を誇り、物流・在庫・印刷といった複数の機能を持っている。


ヤマトシステム開発
e-オンデマンドソリューションカンパニー プレジデント
中村弘貴氏

    お問い合わせ

    ヤマトシステム開発株式会社 e-オンデマンドソリューションカンパニー
    TEL. 0120-8010-26

Pick Up!(PR) の記事一覧

「個客」の心をとらえるダイレクトコミュニケーション
延べ47万人が訪れた 地元に愛される「マルシェ」
「販促品オンデマンド」が目指すのは、あらゆる販促品が手軽に届くサービス(この記事です)
顧客に選ばれる理由をつくる、CRMはじめの一歩
リコー、売上拡大を支援するマーケティング事業へ本格進出
首都高のドライブ体験をリブランディングする企画コンテスト
ウェブで簡単発注、翻訳サービス
若者の共感誘う ロフト活用プロモーションは何が違う?
振り切った企画を分析し改良!多くの実況動画を生んだ「競馬×スモウ」企画
特別な顧客に「金バッジ」、アナログさが生むVIP感 第30回全日本DM大賞
台湾での経験、つながりが生んだ“台湾目線”のクリエイティブ
あべの・天王寺エリアで圧倒的な訴求力、46面サイネージ
デジタルギフト活用、効果的な顧客獲得へつなげるには
行動をデザインする実験を重ね、交通広告の可能性に挑む
角ハイボール缶の飲用シーンを拡大した、新幹線プロモーション戦略とは

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する