販売促進の専門メディア

Pick Up!(PR)

「くまのがっこう」と商品の魅力、企業の姿勢を伝えるプロジェクト開始

「くまのがっこう」

未就学児から母親まで根強い人気を誇る「くまのがっこう」は、絵本から生まれたキャラクター。2002年の絵本誕生以来、幼稚園への訪問イベントも続けており、「子どもを応援したい」企業がキャンペーンやCSR活動などで採用するケースが目立つ。そんな「くまのがっこう」が、キャラクターの販促パワーを体験してもらおうと、コラボレーションしたい企業を募集する。

img01

第1作目『くまのがっこう』(2015年7月現在35万部のヒット)、10周年記念で発売の『ジャッキーのゆめ』。

絵本シリーズは累計200万部発行 母親から人気が広がる

「くまのがっこう」の絵本が発売されたのは2002年。絵本は第14作まで発行され、累計200万部を発行(2015年7月現在)、海外でも出版されている。関連グッズは1万点を超え、東京駅構内にオフィシャルショップも構えるほか、絵本を原作としたアニメ『がんばれ!ルルロロ』を展開。現在、NHK Eテレでアニメを放送しており、ルルロロ関連のアプリは、知育系を中心に200本以上にのぼる。

「くまのがっこう」の物語は、11ひきのおにいちゃんくまのこたちと、いたずら好きのくまのおんなのこ、ジャッキーがくりひろげる日常を描いたもの。晴れた日には洗濯し、食事はみんなでつくり、野菜を育てて自給自足。友情や家族愛といった普遍的テーマを扱う。ここに、デザイン性の高いイラストが組み合わさったことで、絵本を読み聞かせる母親からの支持が高まり、ヒットになった。

メインの読者層は、4~6歳の未就学児とその親。主人公が身に付けている小物や洋服の愛らしさに母親が反応し、絵本を購入していくケースが見られている。発売から13年経ち、子どもも大人も楽しめる絵本としてファン層も広がりを見せている。

全国の幼稚園を巡回 社会貢献に積極的なキャラクター

「くまのがっこう」が他のキャラクターと一線を画するのが、独自のチャリティー活動など、社会貢献活動を積極的に行っている点だ。

絵本の発売以来、全国の幼稚園へ訪問している。着ぐるみのジャッキーが幼稚園で、コンサートや絵本の寄贈を行うというものだ。2011年の東日本大震災以降は、原作者であるあいはらひろゆき氏が仙台出身ということもあり、東北支援に特に力を入れ、年に2~3回のペースで行っている。

2010年からは、Pasco(敷島製パン)と組み、幼稚園で食育クイズやパンの配布、絵本の寄贈も行いながら、園児との交流を図っている。コラボレーションのきっかけは、Pascoの担当者が幼稚園を巡る活動に関心を持ったこと。「CSRの一環として、一緒に何かできないか」と相談があった。

また毎年チャリティーミュージカルも実施。絵本の1作品を題材にしたミュージカルで、オーディションで選ばれた子どもたちが、半年間の稽古のすえ、舞台に立つ。いずれの活動も、「頑張る子どもたちを応援する」キャラクターである姿勢を表明するものとなっている。

企業とのコラボ 新プロジェクトがいよいよスタート

先述のPascoでは、幼稚園への訪問だけでなく、商品パッケージへのキャラクター採用や、チャリティーミュージカルへの協賛も行い、立体的な展開を見せている。

こうした「くまのがっこう」を活用する企業に共通するのは、単にキャラクターを使用するのではなく、「家族」や「食」といった絵本の世界観に基づいた起用や、CSRを含めたコラボレーションの仕方を見出したりしているところだ。絵本の中で、食事するシーンも多いことから、食育とひもづけて起用するケースも見られる。「くまのがっこう」の版権を管理するキャラ研では、8月1日より、企業との新しいコラボレーションのあり方を模索するため、「くまのがっこう」と無償でコラボできるプロジェクトを開始する。その領域は、パッケージ、広告展開、プレミアム&ノベルティ、イベント、CSRの5つだ。

子どもやその親を喜ばせ、サポートしたいというサービスを行う企業は、この機会を活用し「くまのがっこう」ならではのコラボレーション展開に挑戦してみてはいかがだろうか。商品の魅力や企業の姿勢を、人気キャラクターを通じて伝えるチャンスとなるはずだ。

    CASE 1 CSR・パッケージ・広告

    「スナックパン」売上110%

    Pasco(敷島製パン)

    img02

    img03

    2010年からPasco(敷島製パン)とコラボレーションを実施中。スナックパンのオリジナルパッケージを展開し、2年ごとに刷新。パッケージ切り替え後の売上は前年比110%と伸長。2015年は絵本型のケーキも発売。さらに商品だけでなく、チャリティー活動を「くまのがっこう」と共に実施。全国の幼稚園を訪問し、絵本寄贈や音楽会を毎年実施している。



    CASE 2 プレミアム・広告

    ハッピーセット初の絵本を展開

    日本マクドナルド

    img04
    img04

    日本マクドナルドは、2015年8月14日から期間限定で、ハッピーセットで「くまのがっこう」とコラボし、おもちゃの代わりに絵本をセットにして販売する。6種類あり、各16ページで完全オリジナル描き下ろしの作品。ハードカバーで表紙が丈夫なため、自宅に持ち帰った後も、楽しめる。同社では、2014年より継続的にハッピーセットでの本の提供を開始しており、国内絵本とのコラボは初。テレビCMも放映。



    CASE 3 パッケージ・広告

    応募総数は約2万件

    江崎グリコ ミニセレ

    img04

    江崎グリコの“お客さまが好きなものを自由に選べるアイス「ミニセレ」”では、2013年春から2014年夏まで「くまのがっこう」のオリジナルグッズがもれなくもらえるプレゼントキャンペーンなどを実施。期間中には店頭を装飾するツールのほか、「くまのがっこう」オリジナルパッケージでの商品の展開も行い、好評を得た。キャンペーンの累計応募数は約2万件に及んだ。

新プロジェクト

「くまのがっこう」と無料でコラボできます。
応募は9月15日(火)まで

「くまのがっこう」とコラボレーションする企業を募集します。5つの領域(複数も可)でキャラクターを無料で利用できます。

●モニター応募の注意事項 
現在契約している企業との契約期間の関係でコラボレーションの開始時期をご相談する場合があります。/キャラクターの新たな描き起こし、加工などの場合は、別途費用がかかる可能性があります。/キャラクターの世界観を優先するため、場合によってはお断りする場合がございます。/コラボレーションの実現後に『販促会議』の取材があります。ご協力をお願いします。/申し込み多数の場合は、抽選といたします。

応募方法はこちら 
https://www.sendenkaigi.com/event/bears-school/

    お問い合せ

    株式会社キャラ研 〒150-0012 東京都渋谷区広尾5-4-11 ベルナハイツB棟7-1号 
    TEL.03-3473-9501 E-mail.info@charaken.com

Pick Up!(PR) の記事一覧

体験×接点 ブランドエクスペリエンスをデザインする
「くまのがっこう」と商品の魅力、企業の姿勢を伝えるプロジェクト開始(この記事です)
凄腕ウェブコンサルが指南 売上が伸びるサイト、伸びないサイト
新規顧客獲得、店舗集客の新潮流 宛名なしDMの活用メソッド
日本橋駅に直結、エリア最大級のイベントホール・貸会議室
コンビニで商品を受け取れるO2Oサービス
宛名なしで送れるDMとは?
ダイレクトマーケティングは無意識の領域へ
ニーズに応え、改善を繰り返す――消費者の反応を生かした顧客体験設計
“想像上の”顧客を相手にしていませんか――見直したいユーザーの視座
LINE経由でハガキ20万枚申込につなげた販促アイデアとは
効果を最大化する「販促プラットフォーム」の誕生
体験をデザインするインタラクティブメディア

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する