IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

STAND THE FLAG

映画のクオリティで描く、岐阜県関市の観光×青春ドラマ

岐阜県/関市「フラワーズ・ブルーム」

観光PRドラマ「フラワーズ・ブルーム」。高校生・山田花子がご当地アイドルを目指す中で成長を遂げる青春ドラマ。地域の魅力をプレゼンするというオーディション課題のため、関市について学びを深め、その素晴らしさを発見していく。

関市は2月18日、観光PRドラマ「フラワーズ・ブルーム」の配信を開始した。2人の高校生がご当地アイドルオーディションに挑む様子を、関市の名所・名物を巧みに織り交ぜたストーリーで描く全5話の連続ドラマだ。制作したのは、岐阜県美濃市と東京都を拠点とする映像制作プロダクションHIORYESの藤田豊和さん。

同社が岐阜県で初めて導入したRED Digital Cinema社の8Kシネマカメラによる美しい映像が特徴だ。「ドラマを提案したのは自分たちの強みを最大限に活かすため。連続ものとすることで他の観光地との差別化を図るとともに、美しい映像を通して地元や近隣の方に魅力の再発見を促し、マイクロツーリズムにつなげようと考えました。地方の制作でこれだけの機材を使う例は少ないと思います。採算は度外視しましたが(笑)、地元で制作体制を...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

STAND THE FLAG の記事一覧

あえて観光ムービーにはしない 25分の『縦型』映画
地下鉄発の文庫レーベル 沿線巡りをしたくなる仕掛け
地元の暮らしをリアルに映し、地域で愛されるCMに
映画のクオリティで描く、岐阜県関市の観光×青春ドラマ(この記事です)
忍びの精神世界がケント・モリさんのダンスパフォーマンスと融合
ノスタルジックだけど新しい。永井博さんのイラストで船旅の魅力を開花
地域の職人と世界的アーティストを『混ぜ合わせ』、香川県は超アート県へ
スタジオジブリ初の試みがクリエイティブと地域の可能性を広げる
「角煮を食べているように見えるパックマン」をそのまま再現
擬人化した駅が自らのPR方法を議論「伊豆箱根の13人」
アーティストが見つけた墨田区の新名所を作品と地図で体験
歴史上の人物をデジタルコンテンツに
奄美大島から生物多様性を守るツーリズムを発信
郷土愛が生んだ、山口・岩国の「つまんでちょんまげ」ブランド

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る