IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

STAND THE FLAG

忍びの精神世界がケント・モリさんのダンスパフォーマンスと融合

三重県/「Feel Like Ninja.」プロジェクト

プロジェクトのキービジュアル。伊賀忍者が集結し軍議を行ったとされる平楽寺があった伊賀上野城など、伊賀市の忍者にまつわるさまざまなロケーションで撮影が行われた。

動画には、伊賀出身で“忍者説”も都市伝説的に残る松尾芭蕉も登場。

伊賀流忍者の発祥の地として知られる伊賀市は2022年2月、ダンスアーティストのケント・モリさんと「Feel Like Ninja.」プロジェクトを始動させた。2月22日の「忍者の日」には伊賀で撮影した第一弾動画を公開。出演したのは、ケントさんはじめプロのダンサーらと、伊賀で忍者の実演を行うグループ「阿修羅」のメンバーら19人だ。独自のストーリーと力強いパフォーマンスを通して、忍者文化とその精神世界を表現している。

今回のプロジェクトの発起人であるケントさんはマドンナの専属ダンサーを務めるなど、世界的に活躍している。電通 クリエイティブディレクターの瀧口裕さんによると、制作のきっかけはケントさんによる「日本でもダンスを通して世界を変えていきたい」という想いだった。「ケントさんが幼少期から忍者文化に憧れていたこともあり、地域活性化や観光需要の拡大にも貢献できればと伊賀市にプロジェクトを...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

STAND THE FLAG の記事一覧

忍びの精神世界がケント・モリさんのダンスパフォーマンスと融合(この記事です)
ノスタルジックだけど新しい。永井博さんのイラストで船旅の魅力を開花
地域の職人と世界的アーティストを『混ぜ合わせ』、香川県は超アート県へ
スタジオジブリ初の試みがクリエイティブと地域の可能性を広げる
「角煮を食べているように見えるパックマン」をそのまま再現
擬人化した駅が自らのPR方法を議論「伊豆箱根の13人」
アーティストが見つけた墨田区の新名所を作品と地図で体験
歴史上の人物をデジタルコンテンツに
奄美大島から生物多様性を守るツーリズムを発信
郷土愛が生んだ、山口・岩国の「つまんでちょんまげ」ブランド
北の大地と震災時の映像で伝える酪農家への想い
地元に愛される観光列車が冒険船仕様に
旅人と地域をつなぐ回遊の「ハブ」に
現実的な機微を描き、移住のきっかけをつくる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る