IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

STAND THE FLAG

あえて観光ムービーにはしない 25分の『縦型』映画

徳島県/#徳島ニューノーマル映画祭2022『TUNNEL VISION』

ロケハン時に見つけたトンネルが縦型動画と好相性ではと着想を得てストーリーが完成。

恐怖感とコミカルな演出を交え、見飽きない構成に。長竹さんが得意とするVFXも駆使し、娘の心の中に入り込んだ風景も描いた。

「映画をつくるための映画祭」を掲げ、地元クリエイターが作品を発表する「徳島国際映画祭」。2016年の立ち上げから携わる徳島県庁の加藤貴弘さんは「コロナ禍を受け2021年からはオンラインとの同時開催で『#徳島ニューノーマル映画祭』となりました」と話す。県では同年から地元クリエイターとの情報発信を強化し、その一環でTikTokも活用。ユーザーの反響も想定以上だった。この影響力を活かそうと、2022年の映画祭でTikTokコラボが実現した。

3月6日には、縦型で撮影した新作映画『TUNNEL VISION』を公開。作品は会場の大型の縦型スクリーンとTikTok LIVEで同時配信した。主人公は徳島の山奥にある架空の村に住む父娘。村の古い習わしを通じ、父が与えたトラウマに娘は心を閉ざしてしまう。負い目を感じる父は娘と心を通わせようと、村唯一の出口であるトンネルを...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

STAND THE FLAG の記事一覧

あえて観光ムービーにはしない 25分の『縦型』映画(この記事です)
地下鉄発の文庫レーベル 沿線巡りをしたくなる仕掛け
地元の暮らしをリアルに映し、地域で愛されるCMに
映画のクオリティで描く、岐阜県関市の観光×青春ドラマ
忍びの精神世界がケント・モリさんのダンスパフォーマンスと融合
ノスタルジックだけど新しい。永井博さんのイラストで船旅の魅力を開花
地域の職人と世界的アーティストを『混ぜ合わせ』、香川県は超アート県へ
スタジオジブリ初の試みがクリエイティブと地域の可能性を広げる
「角煮を食べているように見えるパックマン」をそのまま再現
擬人化した駅が自らのPR方法を議論「伊豆箱根の13人」
アーティストが見つけた墨田区の新名所を作品と地図で体験
歴史上の人物をデジタルコンテンツに
奄美大島から生物多様性を守るツーリズムを発信
郷土愛が生んだ、山口・岩国の「つまんでちょんまげ」ブランド

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る