IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

STAND THE FLAG

ノスタルジックだけど新しい。永井博さんのイラストで船旅の魅力を開花

宮崎県/宮崎カーフェリー「シンセン!新船!」

「ここまで大きな船を描いたことはなかったがイメージした通りの作品になった」と永井博さん。

テレビCMはイラストに心地良いモーションをつけ、懐かしさの中に新鮮さを表現。

MVはバンドマンたちの素顔を盛り込もうと自撮りの動画も交えて編集。

4月15日、神戸と宮崎を結ぶ宮崎カーフェリーの「フェリーたかちほ」が就航する。新船が建造されるのは25年ぶりで、コロナ禍における明るいニュースとして県内でも話題だ。

今回、プロモーションのクリエイティブを手がけたのが博報堂プロダクツ九州支社。クリエイティブディレクターの竹本紗希子さんは「認知・顧客獲得の起爆剤にだけでなく、新船就航を機に今一度船旅でこそ得られる価値を伝えようと提案しました」と振り返る。

CMやWebサイトなどに幅広く使われているのが、永井博さんの描き下ろしイラストだ。大瀧詠一らの楽曲のカバーイラストでも知られる永井さんの作品は今、若年層からの支持も厚い。「永井さんからは『船の絵を描いてみたいのでぜひ』と快諾いただきました。南国感が溢れ、ノスタルジックな雰囲気とフェリーの相性は抜群。シティポップブームもあり、幅広い世代に親近感を抱いてもらえるのではと思いました」。

さらに、今回は音楽レーベル「カクバリズム」に所属する二階堂和美、浜野謙太らによる楽曲...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

STAND THE FLAG の記事一覧

忍びの精神世界がケント・モリさんのダンスパフォーマンスと融合
ノスタルジックだけど新しい。永井博さんのイラストで船旅の魅力を開花(この記事です)
地域の職人と世界的アーティストを『混ぜ合わせ』、香川県は超アート県へ
スタジオジブリ初の試みがクリエイティブと地域の可能性を広げる
「角煮を食べているように見えるパックマン」をそのまま再現
擬人化した駅が自らのPR方法を議論「伊豆箱根の13人」
アーティストが見つけた墨田区の新名所を作品と地図で体験
歴史上の人物をデジタルコンテンツに
奄美大島から生物多様性を守るツーリズムを発信
郷土愛が生んだ、山口・岩国の「つまんでちょんまげ」ブランド
北の大地と震災時の映像で伝える酪農家への想い
地元に愛される観光列車が冒険船仕様に
旅人と地域をつなぐ回遊の「ハブ」に
現実的な機微を描き、移住のきっかけをつくる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る