IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

STAND THE FLAG

地域の職人と世界的アーティストを『混ぜ合わせ』、香川県は超アート県へ

香川県/合同展示会「SANUKI ReMIX」

「弾けて混ざれ。」というコピーと渦モチーフが印象的な、職人を主役に据えたポスター。

披雲閣で行われたマッチングイベントの様子。

展示会の様子。石加工集団「たぶん、加工。」とプロダクトデザイナーの花澤啓太さん、丸亀うちわ職人の三谷順子さんとアートディレクターの小杉幸一さんなどの共創作品が並び、農園主の河田薫さん、香川漆器職人の佐々木康之さんとヴィーガンレストラン「菜道」とのコラボメニューも登場。

1月22・23日、高松市にある重要文化財「披雲閣」で、合同展示会「SANUKI ReMIX」が開催された。会場に並んだのは、香川漆器や丸亀うちわの新製品。ただし単なる伝統工芸品ではなく、つくり手である地域の“アーティザン”(職人)がアーティストやクリエイターと共創して生み出したものだ。職人探訪ツアーやトークセッションも行われ、コロナ禍ながら予約制で約400人が参加した。

企画したのは、地元でブランディングや広告制作を手がける「人生は上々だ」代表の村上モリローさん。発端は披雲閣のプロモーション依頼で、ここでしかできないことと、この土地でやるべきことの二軸で考えて生まれたイベントだという。

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

STAND THE FLAG の記事一覧

忍びの精神世界がケント・モリさんのダンスパフォーマンスと融合
ノスタルジックだけど新しい。永井博さんのイラストで船旅の魅力を開花
地域の職人と世界的アーティストを『混ぜ合わせ』、香川県は超アート県へ(この記事です)
スタジオジブリ初の試みがクリエイティブと地域の可能性を広げる
「角煮を食べているように見えるパックマン」をそのまま再現
擬人化した駅が自らのPR方法を議論「伊豆箱根の13人」
アーティストが見つけた墨田区の新名所を作品と地図で体験
歴史上の人物をデジタルコンテンツに
奄美大島から生物多様性を守るツーリズムを発信
郷土愛が生んだ、山口・岩国の「つまんでちょんまげ」ブランド
北の大地と震災時の映像で伝える酪農家への想い
地元に愛される観光列車が冒険船仕様に
旅人と地域をつなぐ回遊の「ハブ」に
現実的な機微を描き、移住のきっかけをつくる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る