IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

CREATIVE NEWS

印刷技術とアイデアが融合「グラフィックトライアル2022」

グラフィックトライアル 2022 -CHANGE-

印刷博物館P&Pギャラリーで4月23日から、「グラフィックトライアル 2022 -CHANGE-」が開催中だ。クリエイターと凸版印刷が持つ技術のコラボレーションによって、新しい印刷表現を生み出すというプロジェクトで、今回で16回目。会期は7月24日まで。

今回の制作テーマは「CHANGE」。コロナ禍を経て到来している新たな価値観や世界観を受けて、それぞれのクリエイターが見出した「CHANGE」の形をポスター作品にした。参加クリエイターは、居山浩二、GOO CHOKI PAR、小玉文、田中良治、増永裕子。展覧会では、クリエイターの独創的なアイデアと印刷技術を組み合わせて完成させたポスターと、制作過程での数々のトライアルを紹介する。

居山浩二氏の作品は「Not Dot」。印刷の基本要素である網点を「ドット」というルールから解き放ち、表現の可能性を確かめる試みとなる。「スクリーンメーカー」という偽装防止の観点から生まれた技法により、居山氏がデザインした一つひとつの画像データを網点化。絵柄の濃度に合わせて自動配置し、オリジナル網点でCMYKの版を作成する。

GOO CHOKI PARの作品は、仮面舞踏会を意味する「MASQUERADER」。紙を半透明にする特殊加工「ワックスプラス」によって、表と裏の境界を曖昧にした奥行きと質感のある作品が完成した。表裏印刷と用紙の選定の実験を繰り返し、独特の質感を追求している。

小玉文氏が制作したのは「トライ・アン・ケム」。「ケム」とは煙や雲...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

CREATIVE NEWS の記事一覧

FUTURE-SPECT Lab.―素材と思考のデザインスタディ―ほか展覧会情報
フランス・モダン・ポスター展 ほか展覧会情報
佐藤卓 TSDO展〈in LIFE〉ほか展覧会情報
印刷技術とアイデアが融合「グラフィックトライアル2022」(この記事です)
クリエイター・オブ・ザ・イヤー発表 山崎博司氏ら表彰
大阪中之島美術館「みんなのまち 大阪の肖像」ほか展覧会情報
平間 至 写真展「すべては、音楽のおかげ Thank you for the photographs!」ほか展覧会情報
TDC グランプリ 大西景太「名曲アルバム+」映像作品に決定
スパイクスアジア2022、4部門で日本関連作品がグランプリ受賞
「Chim↑Pom展:ハッピースプリング」ほか展覧会情報
細谷巖「SOMETHING ELSE」ほか展覧会情報
JAGDA賞2022 亀倉雄策賞に大貫卓也
JAGDA新人賞2022 竹田美織、前原翔一、佐々木拓に決定
「Hello! Super Collection 超コレクション展 」ほか展覧会情報
「奇想のモード 装うことへの狂気、またはシュルレアリスム」ほか展覧会情報

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る