IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

CREATIVE NEWS

平間 至 写真展「すべては、音楽のおかげ Thank you for the photographs!」ほか展覧会情報

独自の世界観の背景に流れる通奏低音

平間至 写真展 すべては、音楽のおかげ
Thank you for the photographs!

タワーレコードのキャンペーン「NO MUSIC, NO LIFE.」をはじめ多くのアーティスト写真を撮影し、“音楽が聴こえてくるような躍動感あるポートレート”で新しいスタイルを打ち出した写真家・平間至。

「写真と音楽」をテーマに掲げる本展では、平間の名を世に知らしめた<MOTOR DRIVE>をはじめ、膨大なアーティストのポートレート、舞踊家・田中泯の<場踊り>を追ったシリーズ、心象風景を内省的に表現したシリーズ<光景>、さらに2015年に開業した平間写真館TOKYOで撮影された写真など約200点が「写真と音楽」の紡ぎだす世界へと誘う。

2021年 ©Itaru Hirama

のん 2017年

<平間写真館TOKYO>より 2021年

細野晴臣 2011年

平間 至 写真展すべては、音楽のおかげ Thank you for the photographs!

4月2日〜5月8日美術館「えき」KYOTO[京都・下京区]
10時〜19時30分(入場は閉館時間の30分前まで)
休館日:会期中無休
観覧料:一般 900円、高・大学生 700円、小・中学生 500円
お問い合わせ→ジェイアール京都伊勢丹 075-352-1111
※障害者手帳をご提示のご本人と同伴者1人は当日料金より200円割引。 ※本展覧会は事前予約不要ですが、混雑状況により 入館をお待ちいただく場合がございます。 ※入館の際はマスク着用、検温・消毒をお願いしております。 ※展示作品やイベント内容が変更、または中止になる場合がございます。 あらかじめご了承ください。

https://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/

空間を満たす大画面と色彩にまつわる思考

カラーフィールド 色の海を泳ぐ

大きなカンヴァスに色彩を広げて「場(=フィールド)」をつくる抽象絵画の潮流「カラーフィールド」。1950年代後半から60年代にかけてアメリカを中心に発展し、のちの美術にも大きな影響を与えた。世界で最も質のいいカラーフィールド作品を所蔵するカナダの「マーヴィッシュ・コレクション」より約40点が初来日する本展では、関連作家9人に焦点をあてて1960年代以降の出色の作品を紹介する。

立体から幅5メートル超の大型絵画まで...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

CREATIVE NEWS の記事一覧

大阪中之島美術館「みんなのまち 大阪の肖像」ほか展覧会情報
平間 至 写真展「すべては、音楽のおかげ Thank you for the photographs!」ほか展覧会情報(この記事です)
TDC グランプリ 大西景太「名曲アルバム+」映像作品に決定
スパイクスアジア2022、4部門で日本関連作品がグランプリ受賞
「Chim↑Pom展:ハッピースプリング」ほか展覧会情報
細谷巖「SOMETHING ELSE」ほか展覧会情報
JAGDA賞2022 亀倉雄策賞に大貫卓也
JAGDA新人賞2022 竹田美織、前原翔一、佐々木拓に決定
「Hello! Super Collection 超コレクション展 」ほか展覧会情報
「奇想のモード 装うことへの狂気、またはシュルレアリスム」ほか展覧会情報
「徹底的岩崎俊一」の空間 TCC殿堂入りでコピー展
ボストン美術館所蔵「THE HEROES 刀剣×浮世絵-武者たちの物語」ほか展覧会情報
「2121年 Futures In-Sight」展ほか展覧会情報
カンヌ&スパイクス ヤングコンペ出場者決定

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る