IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

CREATIVE NEWS

フランス・モダン・ポスター展 ほか展覧会情報

実験的な試みを通じたイマジネーションの喚起

THERIACA Yarn,Rope,Spaghetti展

ベルリンを拠点とするファッションブランド「THERIACA」(テリアカ)。2014年にブランドを立ち上げたデザイナーの濱田明日香は、2020年に『かたちのニット』(文化出版局)を出版した後、ニットの新しい可能性を追求したいという思いから編み物を新たな目線で捉え、その表現を拡げることをテーマとしたニットプロジェクトをスタートさせた。本展は同プロジェクト初の展覧会となる。

会場では、毛糸を柔軟な発想で使用したカラフルでアーティスティックな作品や、靴ひもやストロー、紙といった身近なオブジェクトを素材に取り入れて編んだ実験的な作品のほか、濱田のアイデアソースや創作のための資料なども展示。濱田が創造する〈糸〉や〈編む〉といった試みの、発想から作品に至るまでの思考と実験のプロセスを俯瞰できる構成となっている。

4月に刊行されたアートブック『THERIACA Yarn,Rope,Spaghetti』(出版:横田株式会社、制作:torch press)も会場で販売される。

Photo:Jiuk Kim

THERIACA Yarn,Rope,Spaghetti展

開催中、5月15日まで
デザイン・クリエイティブセンター神戸[兵庫・神戸市]
11時〜19時
休館日:月曜(祝日の場合は翌日)
観覧料:入場無料
お問い合わせ→デザイン・クリエイティブセンター神戸 078-325-2235

https://kiito.jp/schedule/exhibition/articles/55278/

新たな視点を生み出すジャム・セッション

写真と絵画―セザンヌより 柴田敏雄と鈴木理策

ダムや橋といった自然の中の人工的構造物を題材に、形態を単純化しながら主たるモチーフを浮かび上がらせることで、見る者の想像力に働きかける柴田敏雄。サント=ヴィクトワール山、セザンヌのアトリエ、桜や雪といった対象を、カメラという機械の知覚を通して、ものを「見ること」への問題意識を提示する鈴木理策。

そんな両者が活動初期から関心を寄せてきたのが、自然に即しながら自己の視覚的感覚の実現を果敢に試みたポール・セザンヌ。本展では、柴田と鈴木の新作・未発表作を含む約240点にセザンヌのみならず、藤島武二やアンリ・マティス、ギュスターヴ・クールベやクロード・モネといった絵画の視点を織り交ぜながら、現代の写真作品と絵画の関係性について...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

CREATIVE NEWS の記事一覧

FUTURE-SPECT Lab.―素材と思考のデザインスタディ―ほか展覧会情報
フランス・モダン・ポスター展 ほか展覧会情報(この記事です)
佐藤卓 TSDO展〈in LIFE〉ほか展覧会情報
印刷技術とアイデアが融合「グラフィックトライアル2022」
クリエイター・オブ・ザ・イヤー発表 山崎博司氏ら表彰
大阪中之島美術館「みんなのまち 大阪の肖像」ほか展覧会情報
平間 至 写真展「すべては、音楽のおかげ Thank you for the photographs!」ほか展覧会情報
TDC グランプリ 大西景太「名曲アルバム+」映像作品に決定
スパイクスアジア2022、4部門で日本関連作品がグランプリ受賞
「Chim↑Pom展:ハッピースプリング」ほか展覧会情報
細谷巖「SOMETHING ELSE」ほか展覧会情報
JAGDA賞2022 亀倉雄策賞に大貫卓也
JAGDA新人賞2022 竹田美織、前原翔一、佐々木拓に決定
「Hello! Super Collection 超コレクション展 」ほか展覧会情報
「奇想のモード 装うことへの狂気、またはシュルレアリスム」ほか展覧会情報

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る