IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

CREATIVE NEWS

ホンマタカシのドキュメンタリー映画特集他

窓というシャッターを通して見る風景

mount FUJI 1/36 ©Takashi Homma courtesy of TARO NASU

ホンマタカシ「Various camera obscura studies- inprogress」

写真家 ホンマタカシの窓とカメラオブスキュラへの関心をテーマとする展覧会が、TARO NASUで開催中だ。

カメラオブスキュラとは、ラテン語で暗い部屋を意味する。壁の穴から部屋に入り込む太陽光が、穴の反対側の壁に屋外のイメージを逆さまに映し出す仕組みを応用したのがピンホールカメラである。ホンマはカメラオブスキュラへの関心を持ち始めた2013年から、さまざまなシチュエーションで作品を制作。建物の一部屋をピンホールカメラとし、建物の窓をシャッターレンズとした『Pinhole』シリーズを撮影してきた。ホンマは、『Pinhole』シリーズを「都市で都市を撮る」シリーズだと述べている。そのシャッターは窓。窓は外と内、公と私を分ける境界線であり、かつ世界を捉えるフレームとなるものである。窓辺は、ホンマの作品群の中で頻繁に撮影されている対象でもある。表現や手法は異なるが、窓を通して覗かれる風景は、「写真とは何か」ということを私たちに問いかけてくる。

ホンマタカシ「Various camera obscura studies - inprogress」

開催中、12月24日まで。
TARO NASU 火曜~土曜:10時~18時
休廊:日曜・月曜・祝日
◆問い合わせ→03-5856-5713 TARO NASU

ホンマタカシによるドキュメンタリー映画

『After 10 years』(2016年)

『きわめてよいふうけい』(2004年)

『最初にカケスがやってくる』(2016年)
©Takashi Homma New Documentary 制作:between the books 配給協力・宣伝:mejiro films

ホンマタカシ「ニュードキュメンタリー」

ホンマタカシが写真活動と並行して制作してきたドキュメンタリー映画が、渋谷シアター・イメージフォーラムで12月10日より限定上映される。

本特集では、ホンマ初の長編ドキュメンタリーをはじめ、これまで美術館やギャラリーなどでインスタレーションとして発表した4作品を「ニュードキュメンタリー」と題し、上映する。2004年12月スマトラ島沖地震の津波によって、甚大な被害に遭ったリゾートホテルの10周年追悼式典までの1週間を追った『After 10 years』。そして8年をかけ、知床のエゾジカ猟を取材・撮影した作品『最初にカケスがやってくる』。本作品は68分バージョンと一回上映の225分バージョンがある。また、演出家であり美術家の飴屋法水の演劇をとらえた『あなたは、あたしといて幸せですか?』。2004年に公開された、写真家・中平卓馬の日常を切り取った『きわめてよいふうけい』は、追加ショットを加え新バージョンで上映する。写真作品とは違うホンマの視点に注目したい。

ホンマタカシ ニュードキュメンタリー映画 特集上映

12月10日よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開12月10日~16日
昼興行、12月17日~23日レイトショー
◆問い合わせ→03-5766-0114 シアター・イメージフォーラム

作品と身体の間に生まれる関係とは?

アンヌ・ロール・サクリスト Photo:N. Pfeiffer | Courtesy of the artist

アンヌ・ロール・サクリスト …

あと65%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

CREATIVE NEWS の記事一覧

世界初・認知症患者のための簡略化小説がグランプリ
立花文穂、永戸鉄也・ENZO他の展覧会
ホンマタカシのドキュメンタリー映画特集他(この記事です)
グッドデザイン賞大賞は、「オーサグラフ世界地図」に決定
「フードスケープ 私たちは食べものでできている」「TAKESHI HANZAWA「104」」ほか展覧会
クリオ賞最高賞は、REI「#OptOutside」、オールド・スパイス他
2016年度ACC賞グランプリ、au、END ALS、きよら、小林市に決定
クリスチャン・ボルタンスキー「さざめく亡霊たち」、塩田千春展「鍵のかかった部屋」
GOOD DESIGN EXHIBITION 2016、 TRANS ARTS TOKYO 他、10月の展覧会
かみの工作所10周年企画「かみの重力」展、 金沢21世紀工芸祭
マツダのクルマに対する思いを表現したフレグランス、金沢ブランド大解剖展ほか
生活拠点がアートの現場に茨城と埼玉でアートフェス開催
「杉本博司ロスト・ヒューマン」展、トーマス・ルフ展他
ホンマタカシ《三越包装紙》、クエイ兄弟の回顧展ほか

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る