IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

CREATIVE NEWS

立花文穂、永戸鉄也・ENZO他の展覧会

「文字」を根源とする立花文穂の新作

立花文穂 フライヤーデザイン

立花文穂 《口ル 2》 8×43×50(cm) ブロンズ 2016

立花文穂 《黒星》 18×9.5×34(cm)石膏に着色 2016

立花文穂「Plastic プラスティック」

アーティスト、グラフィックデザイナーとして、文字、紙、本を素材やテーマに制作を続ける立花文穂。作品制作と並行して、ヴィジュアル誌『球体』、『KATAKOTO TACHIBANA』(立花文穂プロ.)といった作品集も自らの手で編集し、出版している。そんな立花の2014年に行われた個展から2年ぶりとなる個展「Plasticプラスティック」が、The Massで開催中だ。

止まることなく立花の手により創り出された「文字」のカタチたち。それらは平面に、立体に現れ、再び解体し、組み直し、形成し、再び解体し、を繰り返してきた。「文字」という根源に問いかける立花の作品は、その質感と存在からさまざまな想像を掻き立て、繊細でいて密度の濃いフォルムにおいても観る者に新しい価値観を与える。本展では、新作のブロンズによるスカルプチャーをメインに、インスタレーションも展開。この空間でしか見ることができない作品になっている。

立花文穂個展「Plastic プラスティック」

開催中、12月18日まで。
THE MASS 12時~19時 休廊:火曜日、水曜日 入館料無料
◆問い合わせ→03-3406-0188 THE MASS

総重量150kgにおよぶポスターから生まれたインスタレーション

TETSUYA NAGATO・ENZO「PAPER SHOW」より©TETSUYA NAGATO・ENZO

永戸鉄也ENZO「Paper Show」

アートディレクター、アーティストとして活動する永戸鉄也。そして、広告・映像・店舗などあらゆるメディアにおける美術製作を手がけるセットデコレーター・ENZOによる、共作展「Paper Show」が開催される。…

あと77%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

CREATIVE NEWS の記事一覧

世界初・認知症患者のための簡略化小説がグランプリ
立花文穂、永戸鉄也・ENZO他の展覧会(この記事です)
ホンマタカシのドキュメンタリー映画特集他
グッドデザイン賞大賞は、「オーサグラフ世界地図」に決定
「フードスケープ 私たちは食べものでできている」「TAKESHI HANZAWA「104」」ほか展覧会
クリオ賞最高賞は、REI「#OptOutside」、オールド・スパイス他
2016年度ACC賞グランプリ、au、END ALS、きよら、小林市に決定
クリスチャン・ボルタンスキー「さざめく亡霊たち」、塩田千春展「鍵のかかった部屋」
GOOD DESIGN EXHIBITION 2016、 TRANS ARTS TOKYO 他、10月の展覧会
かみの工作所10周年企画「かみの重力」展、 金沢21世紀工芸祭
マツダのクルマに対する思いを表現したフレグランス、金沢ブランド大解剖展ほか
生活拠点がアートの現場に茨城と埼玉でアートフェス開催
「杉本博司ロスト・ヒューマン」展、トーマス・ルフ展他
ホンマタカシ《三越包装紙》、クエイ兄弟の回顧展ほか

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る