IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

CREATIVE NEWS

「杉本博司ロスト・ヒューマン」展、トーマス・ルフ展他

情報性・表現性の検証から写真メディアの既成概念を変える

トーマス・ルフ《Porträ(t P. Stadtbäumer)》1988年 C-print 210×165cm

同《w.h.s.01》 2000年 C-print 185×245cm

同《Substrat 31 III》 2007年 C-print 186×268cm©Thomasu Ruff / VG Bild-Kunst Bonn 2016

トーマス・ルフ展

ドイツ現代写真においてベッヒャー派の代表として知られるトーマス・ルフの作品展が東京国立近代美術館で開催中だ。

ルフは友人たちの肖像を巨大なサイズに引き伸ばしたポートレート作品で大きな注目を集め、建築、都市風景、ヌード、天体など多様かつ明確なコンセプトに基づくシリーズを展開。1990 年代以降はデジタル処理を導入し、インターネット上の画像にマニュピレーションを加えたり探査機が撮影した火星などの天文写真に加工を施すな構築を試みている。また、新しい写真表現を追求することで写真に対する既成概念を揺さぶり、現代人をとりまく世界の様相にユニークなビジョンを提示してきた。

東京会場ではルフ自身が作品の選択・構成に参加し、世界初公開となる作品を含む最新作「press++」シリーズを含む約125点が展示される。

トーマス・ルフ展

開催中~11 月13 日まで。 東京国立近代美術館 10時~17時 (毎週金曜日は20時まで。入館は閉館の30分前まで) 休館日:月曜(ただし9月19 日、10月10日は開館し、9月20日、10月11日は休館。) 観覧料:一般1600円、大学生1200円、高校生800円 ※12月10日より金沢21世紀美術館にて開催。
問い合わせ→03-5777-8600 ハローダイヤル

『Why We Build』(2015)

「mountains」

「mountains」

小金沢健人展「煙のゆくえ」

小金沢は武蔵野美術大学映像学科卒業後にドイツへ渡り、映像、ドローイング、インスタレーションなど多様な表現で作品を発表している。日頃見過ごしてしまう些細な出来事や風景の一瞬の動きや変化をとらえ、独特のリズムと豊かな色彩で表現された作品群は新たな気づきを与えてくれる。

本展では粘土のオブジェがそれぞれの速度 ...

あと64%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

CREATIVE NEWS の記事一覧

マツダのクルマに対する思いを表現したフレグランス、金沢ブランド大解剖展ほか
生活拠点がアートの現場に茨城と埼玉でアートフェス開催
「杉本博司ロスト・ヒューマン」展、トーマス・ルフ展他(この記事です)
ホンマタカシ《三越包装紙》、クエイ兄弟の回顧展ほか
住まいの形を考察する「HOUSE VISION」他
サン・アド「ブンケン」、大阪芸術大学「Bound Baw」の制作秘話
しりあがり寿の現代美術 回・転・展、第1回文化屋雑貨点ほか注目の展覧会
D&AD、ADC賞 受賞作品発表
JAGDA新人賞展2016 、詩人・吉増剛造展、石内都「Frida is」ほか
ONESHOW日本受賞作品・TDC賞入賞作品発表
亀倉雄策賞受賞、三木健の「りんご」を通して学ぶデザイン
仲畑貴志さんの初作品展開催
KIGI キギ in Clematis no Oka、トンコハウス展「ダム・キーパー」の旅ほか

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る