広告マーケティングの専門メディア

           

EDITOR'S PICK キャンペーン

反町隆史と松嶋菜々子を起用 男性向け美容文化の浸透を目指す

資生堂 SHISEIDO MEN 「男の美しさは、肌に出る」

資生堂は11月22日から、反町隆史と松嶋菜々子の夫妻を起用した「SHISEIDO MEN」の新CM「男の美しさは、肌に出る」篇を全国で放映開始した。

美容の大切さを他者目線の気付きで訴求

資生堂は11月22日から、プレステージブランド「SHISEIDO」のメンズシリーズ「SHISEIDO MEN」のCM「男の美しさは、肌に出る」篇を全国で放映開始。

連動したデジタル広告やポップアップなどのプロモーションを実施した。男性の肌の先進的な皮膚科学研究に基づきアプローチする、先端テクノロジーを搭載した男性向けスキンケア・メイクアップブランド「SHISEIDO MEN」は、2003年に登場して以来、メンズスキンケア市場を牽引してきた。しかし、発売から約20年で、ブランド・エクイティは高まってきているものの、まだまだブランドの認知やターゲットとの接点について課題を抱えていた。

そこで、男性のスキンケアに対する意識を高め、文化として浸透させていくことが必要だとし、今回のプロモーションを企画した。「昨今、男性のスキンケアへの関心が徐々に高まる中で、さらにその後押しとして、パートナーの存在に着目しました。自分の身近な存在からの視点を盛り込むことで、他者からの気付きを与えてスキンケアへの関心を引き出せるのではと考えたのです。

そこで、今回は夫婦というシチュエーションを設定し、反町隆史さんと松嶋菜々子さんに、当ブランドのアンバサダーとしてオファーさせていただきました」と説明するのは、資生堂 SHISEIDO Global BrandUnit Men’s Revival Projectの清沢拓也氏。キーメッセージ「男の美しさは、肌に出る。」には、これまでどんな日々を過ごしてきたのか、どんな自分でありたいと願っているのか、日々の積み重ねと生き方そのものが肌に現れる。

だからこそ、男性の肌に寄り添い、最先端の皮膚科学をバックボーンに最高のソリューションを提供していきたいという思いが込められているという。反町さんと松嶋さんが夫婦として日々を共に歩み続ける中で築き上げてきた信頼や価値観が、そんなキーメッセージを表現するのにふさわしいと考え起用したと清沢氏は話す。

あと55%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

EDITOR'S PICK キャンペーンの記事一覧

EDITOR'S PICK キャンペーンの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する