広告マーケティングの専門メディア

           

社会学の視点

「悪」の沼にはまる

遠藤 薫氏(学習院大学)

優しい笑みと闇の怒り ギャップが生み出す萌え

秋クールの連ドラで楽しみにしているのが『クロサギ』である。黒丸、夏原武(原案)のコミックが原作で、2006年にも山下智久さんと堀北真希さんの主演でテレビドラマ化された。今作では、平野紫耀さんと黒島結菜さんがまた新しい魅力を発揮してくれるだろう。

そもそも詐欺をテーマにしたドラマは面白い。長澤まさみさん主演の『コンフィデンスマンJP』も楽しかった。古くは、ポール・ニューマンとロバート・レッドフォードの『スティング』(1973年)が最高だった。自分が詐欺に引っかかるのは絶対嫌だし、そして自分自身は決して詐欺なんてしないけれど、頭の切れる詐欺師が、どうしようもなく悪いやつを痛快に騙すのを見るとスカッとする。暴力ではなく、頭脳で悪を懲らしめる、というのも魅力だ。

主人公の詐欺師はたいてい、強い力を持った者に理不尽に人生を壊された過去を負っている。表面的な人当たりのよさの裏に、悲しい復讐心が潜んでいる。彼を痛めつけた影のボスに対する隠された怒りが頂点に達するとき、鮮やかな一発逆転の知能ゲームで、あれほど傲岸だったボスは、敗北感にうちひしがれる。この、「心優しき者」が「悪」に変わり、弱者が強者を打ち負かすギャップが、心をわしづかみにする。

少し趣は違うが、1960年公開のルネ・クレマン監督の代表作『太陽がいっぱい』のラストは戦慄だった。

貧しい美貌の青年トム(世界遺産的イケメン、若き日のアラン・ドロン)と大富豪の息子フィリップは、ローマで贅沢三昧の生活を楽しんでいる。しかしフィリップに蔑まれ、パシリ扱いされているトムは、激しい嫉妬と屈辱感から、フィリップを殺し、その財産を奪う計画を練る。計画は成功し、トムはフィリップになりすまして、完全犯罪の美酒に酔いしれる。だが、そのとき⋯最後の場面はほとんどホラーである(見ていない方は是非ご覧あれ)。

米国人がホラー映画に支出する金額は1年間に5億ドル。脳神経科学的に見ると、「恐怖」と「快感」は密接に絡み合っているのだという(『WIRED』2007年11月8日)。えーっ?と思う一方で、納得できる感じもある。脳の似たような部分が、きゅっと活性化する気がする。

可愛さのかたまりのような猫たちも、ときどき「化け猫」になる。「有馬猫騒動」とか「鍋島猫騒動」とか、歌舞伎になり、何度も映画化もされた。愛らしいもふもふの猫が、惨殺された飼い主の血をすすって怪猫となり、猫が取り憑いた女性の口が裂けていく様は、総毛立つ恐ろしさである。ここでも、もともとの「愛らしさ」と、変身後の「怖さ」のギャップが肝である。

戦後何度も「化け猫」を演じた女優・入江たか子は、「化け猫の説得力は、そこにいたるまで主人公がどれだけ辛い目に遭わされたかにかかっている」という趣旨の発言をしている。優しさが悪に変わる強烈なエネルギーが、心優しい視聴者たちを惹きつけるのだろう。

学習院大学
法学部 教授
遠藤 薫氏

東京工業大学大学院修了、博士(学術)。日本学術会議連携会員。専門は社会学、社会システム論、社会情報学。著書に『ロボットが家にやってきたら⋯人間とAIの未来』(岩波書店)、『ソーシャルメディアと公共性』(東京大学出版会)、『ソーシャルメディアと〈世論〉形成』(東京電機大学出版局)など。

社会学の視点 の記事一覧

「悪」の沼にはまる(この記事です)
ネコは愛の天使?それとも悪魔?
お仕事ドラマのトライアングル
21世紀はネコの時代
北斎はくりかえし甦る
BTSにはパステルカラーがよく似合う

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する