広告マーケティングの専門メディア

           

EDITOR'S PICK キャンペーン

あいみょん新曲の歌詞にあわせた「初恋がぶら下がった」電柱広告

ワーナーミュージック・ジャパン「#初恋ちゃん見つけた」Twitterキャンペーン

ワーナーミュージック・ジャパンは、6月8日にリリースしたあいみょんのニューシングル「初恋が泣いている」のプロモーション施策として、「初恋がぶら下がった」電柱広告を全国に掲出した。

歌詞のエピソードを広告に地域で異なる“初恋ちゃん”を描く

シンガーソングライターのあいみょんは6月8日に自身13枚目のシングル「初恋が泣いている」をリリース。本楽曲はカンテレ・フジテレビ系ドラマ『恋なんて、本気でやってどうするの?』の主題歌にも起用された。

あいみょんの所属レコード会社であるワーナーミュージック・ジャパンは、「初恋が泣いている」の発売にあわせ、6月1日より全国70カ所で“初恋がぶら下がった”電柱広告を掲出。この電柱広告を活用する施策は、「初恋が泣いている」の歌詞に「電柱にぶら下がったままの初恋は 痺れをきかして睨んでる」というフレーズがあることがきっかけとなっている。

「この楽曲は、あいみょんの頭の中で起こった『ピンク色の擬人化された“初恋”が、ある日ベランダから見える電信柱にぶら下がっていた』というユニークなエピソードから生まれています。このエピソードを多くの人に伝えたいと考え、電柱広告を使うことにしました」と本施策を担当したワーナーミュージック・ジャパン 邦楽第一クリエイティブルームの小池真平氏は話す。

電柱広告にはあいみょんのSNSにも登場するキャラクター「初恋ちゃん」が登場し、地域によって少しずつ異なるデザインで掲出されている。

6月8日にリリースされた「初恋が泣いている」のジャケット。ハート型の南京錠が印象的。

見つけた人限定のキャンペーンで探す&投稿する意欲を促進

さらに本施策では、広告を見つけた人だけが参加できる「#初恋ちゃん見つけた」Twitterキャンペーンも6月1日〜7月15日で開催。「初恋が泣いている」電柱広告の...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

EDITOR'S PICK キャンペーンの記事一覧

EDITOR'S PICK キャンペーンの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する