広告マーケティングの専門メディア

EDITOR'S PICK キャンペーン

地球はいま、大丈夫ですか?佐々木希起用のクレディセゾン新CM

クレディセゾン「セゾン・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」新CM

クレディセゾンは、佐々木希さんを起用した新CM「地球は大丈夫?篇」「ナタデココ篇」を関東・東海・関西・九州で放映開始した。

カッコよく美しい、新たなカードの魅力を訴求

クレディセゾンは、佐々木希さんを起用した新CM「地球は大丈夫?篇」「ナタデココ篇」を制作し、2021年12月20日より「地球は大丈夫?篇」を、2022年3月1日より「ナタデココ篇」の放送を関東・東海・関西・九州で開始した。

セゾン・アメックス・カードは、1997年の発行開始から24年の歳月を経て、個人、事業者向けともにラインアップを拡充、会員数を拡大し同社の主力商材に。実生活での利便性に優れた「セゾンカード」の親しみやすさと、国際ブランド「アメリカン・エキスプレス」の上質さを併せ持ち、豊富なカードラインアップで唯一無二のカードに成長した。

同社は今回、「セゾンゴールド・アメックス・カード」を訴求するため、新CMを制作した。

クレディセゾン ブランディング戦略部長の植田直宏氏はCMを制作する際、「今持っているクレジットカードよりも、カッコよく美しいデザインのゴールドカード、また機能面でも優れたゴールドカードを持ちたい人に向けて訴求しようと考えた」と話す。そこで、クリエイティブディレクターの仲畑貴志氏に「デザイン面や機能面ともに自信を持って提供できるセゾン・アメックス・カードをワンランク上のカードとして表現したい」との希望を伝え、企画をスタートさせた。

いがみ合っている場合じゃない だって、『地球人だろ。』

本作では、細かい機能面にはあえて触れず、セゾン・アメックスの世界観とカードデザインの美しさのみを伝え、クレディセゾンらしさを表現した。

テレビCMの舞台は宇宙ステーションのラウンジ。旅の行く先として宇宙ステーションにたどり着いた佐々木希さんが演じる地球人と、宇宙人の会話から、地球の未来を考えさせられるシリーズになっている。

セゾンカード(旧西武カード)と仲畑氏といえば、「一緒なら、きっとうまく行くさ。」や「いわゆる、キミの味方になれそうだ。」「技はいろいろ、カードはひとつ。」といった仲畑氏による数々のキャッチコピーが思い起こされる。新CM「地球は大丈夫?篇」では佐々木さんのナレーションで、「宇宙ステーションのラウンジで、初めて会ったグルタン星人に『地球はいま...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

EDITOR'S PICK キャンペーンの記事一覧

EDITOR'S PICK キャンペーンの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する