広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

「編集」コンテンツが強みの媒体 これからの雑誌広告の価値とは?

今泉睦

3度目の緊急事態宣言 コロナ禍における雑誌広告の変化

3度目の緊急事態宣言も長引き「STAY HOME」を余儀なくされている。雑誌広告に目を向けてみると、2020年はやはりコロナによって著しい変化が起こった1年間だった。厳しい1年ではあったが、一方で様々なステップアップが見受けられた1年であったとも言える。今月よりその一つひとつにフォーカスしつつ雑誌広告の未来を考えていきたい。

電通が発表した「日本の広告費」によると2020年の総広告費は通年で6兆1594億円(前年比88.8%)。インバウンド需要が見込めなくなった影響や、外出自粛などにより生活者の消費スタイルが大きく変化した事から、化粧品・トイレタリー、ファッション・アクセサリー、レジャーなど雑誌広告の上位を占める業種に影響が出た。

マスコミ四媒体広告費の2兆2,536億円(前年比86.4%)に対しても雑誌は1,223億円(前年比73.0%)と10%以上も大きく前年比を下げた。また、雑誌出版そのものについては雑誌制作に関わる問題点が出たことにより一時的に休刊を余儀なくされるなど広告出稿・刊行の両側面で市場影響が出たと言える。

2020年 マス四媒体広告費とインターネット広告費

出典:電通「2020年日本の広告費」

コロナ禍での雑誌づくり 人との接触が課題に

雑誌というメディアは当然のことながら印刷媒体として読者が手に取るもの。それゆえ、どれだけデータ送稿を始めとする...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

なぜか日本は広告のトレンドを『素通り』 グローバルで見た、広告業界の違い
「編集」コンテンツが強みの媒体 これからの雑誌広告の価値とは?(この記事です)
新聞情報に「毎日触れる」人は50.2% コロナ禍で閲読時間は増加傾向に
国民投票運動における広告活動 公平・公正性の確保が鍵に
いつでも誰でも情報が手に入る時代 起業のチャンスはどこにあるのか
イベント産業の未来予測 イベントが向かう先にあるもの
コロナ禍の「日本の広告費」プロモーションメディアは苦戦も
コロナ禍でも参考にしたいOOH 第12回「東京屋外広告コンクール」を振り返る
未来を見据えた記憶継承のための工夫 3.11から10年、各紙の取り組みとは
「悲劇が二度と起こらないように」放送界全体に倫理問題を問う
東日本大震災から10年 あの時の記憶をラジオで語り継ぐ
クリエイターに寄り添った収益モデル NFTは一過性のもの?
イベント業界が臨む 「接触レス」 全豪オープンは東京2020の指標になるか
プロモーション的側面から振り返る 第73回「広告電通賞」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する