広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

なぜか日本は広告のトレンドを『素通り』 グローバルで見た、広告業界の違い

吉井陽交(Executive Director, Advertising Week Asia)

出向したのはNo.1エージェンシー 90年代に感じた世界の熱気

2004年に米国で発足した「Advertising Week」は現在、アジアを含む6大陸にまたがるグローバル開催となっている。本連載では、私が「Advertising Week」のExecutive Directorとしてのネットワークを駆使して、日本の広告業界と世界各国とを比較、俯瞰していく。

第1回の今回は、私の体験に基づく導入部になるが、連載の途中からは世界各都市で業界に携わる人たちのリレー・エッセイも交えていきたい。まずは私の長い広告人人生のなかでの体験を話したいと思う。

「グローバルは突然やってくる」。「そろそろ広告人としても十分な経験を積んだかな」、と思っていた矢先に、役員の思いつきで、唐突にSaatchi & Saatchiへの出向が言いわたされた。若い方はご存知ないかもしれないが、私が出向した1994年当時の分裂前のSaatchi & Saatchiは、世界でも実力No.1のエージェンシー。言われるがままに行ってみたグローバル・エージェンシーで目から鱗の毎日が始まった。

コミュニケーション手法に見た日本とのカルチャーショック

当時の日本の広告会社は、世の中をあっと言わせるクリエイティブをつくって大量にメディアで露出するスタイルが王道。効果の可視化やKPIといった言葉を耳にしない牧歌的な世界だ。何やら欧米から「ブランドAE(アカウントエグゼクティブ)」とかいう言葉が聞こえ始めてきたのも同時期。そんな時代にSaatchi & Saatchiで過ごした数年間は驚きの連続だった。

「人の心がどんなメカニズムで動くのか」それがアドパーソンに課せられる、唯一の命題であり...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

なぜか日本は広告のトレンドを『素通り』 グローバルで見た、広告業界の違い(この記事です)
「編集」コンテンツが強みの媒体 これからの雑誌広告の価値とは?
新聞情報に「毎日触れる」人は50.2% コロナ禍で閲読時間は増加傾向に
国民投票運動における広告活動 公平・公正性の確保が鍵に
いつでも誰でも情報が手に入る時代 起業のチャンスはどこにあるのか
イベント産業の未来予測 イベントが向かう先にあるもの
コロナ禍の「日本の広告費」プロモーションメディアは苦戦も
コロナ禍でも参考にしたいOOH 第12回「東京屋外広告コンクール」を振り返る
未来を見据えた記憶継承のための工夫 3.11から10年、各紙の取り組みとは
「悲劇が二度と起こらないように」放送界全体に倫理問題を問う
東日本大震災から10年 あの時の記憶をラジオで語り継ぐ
クリエイターに寄り添った収益モデル NFTは一過性のもの?
イベント業界が臨む 「接触レス」 全豪オープンは東京2020の指標になるか
プロモーション的側面から振り返る 第73回「広告電通賞」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する