広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

インターネット広告費、2024年に4マス媒体超えか 日本は他国に比べてテレビが持ちこたえる

インターネット広告費予測 2024年に4マス媒体の合計を超える

民放連研究所は、2019年から2025年の媒体別広告費の中期展望の予測を発表した。

2021年以降のテレビ広告費の伸び率はマイナス2%前後、ラジオはマイナス2~3%を予測し、テレビ、ラジオとも2016~2020年の期間に比べマイナス幅が拡大するとしている。一方、インターネット広告費は、2021~2025年の平均伸び率を6.7%と予測。2018年にテレビ広告費とほぼ並んだあと、2024年には4マス媒体(テレビ、ラジオ、新聞、雑誌)+衛星メディアの合計をも上回ると予測した。

2025年までの媒体別広告費を展望するにあたり、前提となる日本経済の状況は日本経済研究センター「第45回中期経済予測」の"標準シナリオ"をもとに設定した。これによると、日本経済の潜在成長率は2016~2020年の1.0%から2021~2025年は0.5%に低下。実質GDPの伸び率も2016~2020年の1.0%が2021~2025年0.7%に低下し、企業の売上高の伸び率も2016~2020年の平均2.4%から2021~2025年には同1.6%に低下することが予想されているとする。

また、広告費試算のベースは、「地上波民放テレビ・ラジオの電波料および番組制作費とテレビ・ラジオCM制作費」とし、その他の放送事業収入は含まれない。

ラテともマイナス幅が拡大 インターネット広告がテレビ超え

媒体別広告費の展望として、インターネット広告費は衛星メディアを除くすべてのマス媒体広告費と"トレード・オフ"の関係にあると指摘 …

あと63%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

「情報銀行」認定の第1弾 認定証が授与される、他 7月の広告界注目ニュース
ACジャパンの2019年度広告が完成、他7月の広告界注目ニュース
NTTの映像技術「スポーツ観戦の再創造展」 進化を続けるメディアテクノロジー
2018年1月~12月のイベント消費規模発表 「イベント消費規模は7年連続の伸長」
第72回広告電通賞贈賞式 アクティベーション・プランニング最高賞は福島民報社
東急電鉄、小田急電鉄がサイネージ新商品 OOHメディアの中で進む高機能商品化の動き
インターネット広告費、2024年に4マス媒体超えか 日本は他国に比べてテレビが持ちこたえる(この記事です)
NHK「技研公開2019」と放送法改正から見る 通信と放送の融合やデジタル技術との融合
「第5回JACEイベントアワード」が決定 進化するイベントの今後に注目
平成から令和へ 変えるべきこと、変えてはいけないこと
新聞社が企業や非営利団体に向けて多様な形でSDGs達成を支援
デジタルサイネージアワード2019が発表に 受賞作から優れたサイネージ表現を考える
改正放送法が可決成立 NHKがインターネット常時同時配信へ
6月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(2)
6月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(1)
教育コンテンツのグローバルな可能性 吉本興業らがプラットフォーム設立へ
スポーツから音楽、世界会議まで 『イベント立国の街』横浜が目指すもの

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する