広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

2018年1月~12月のイベント消費規模発表 「イベント消費規模は7年連続の伸長」

2018年のイベント消費規模は前年比104.2%の17兆3,510億円

日本イベント産業振興協会ではさまざまなカテゴリーのイベントに実際に足を運ぶ生活者のイベントにおける消費額を2012年より定期的に調査し、イベント市場における消費規模推計を発表している。今年も2018年(1月~12月)におけるイベント消費規模を発表した。

2018年のイベント全体の消費額は17兆3,510億円(前年比104.2%)となり、本調査を開始して以来7年連続で前年を上回った。この数字はイベントに対するさまざまな支出(イベント前の準備の支出、交通費、宿泊費、イベント会場外での支出、イベント後の支出)を合わせて推計した。

イベントのカテゴリーは、下図の9カテゴリーに分類されている。改めて「イベント」という言葉で包含される領域の広さに気付かされるのではないだろうか。今回の調査結果では「興業イベント」が全体消費額のうち36.1%と最も大きく6兆2,673億円(前年比110.2%)と高い伸びを示した。一方...

あと63%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

奨学・奨励金やインターネット応募など 配達員の応募増に新聞社が注力
「情報銀行」認定の第1弾 認定証が授与される、他 7月の広告界注目ニュース
ACジャパンの2019年度広告が完成、他7月の広告界注目ニュース
NTTの映像技術「スポーツ観戦の再創造展」 進化を続けるメディアテクノロジー
2018年1月~12月のイベント消費規模発表 「イベント消費規模は7年連続の伸長」(この記事です)
第72回広告電通賞贈賞式 アクティベーション・プランニング最高賞は福島民報社
東急電鉄、小田急電鉄がサイネージ新商品 OOHメディアの中で進む高機能商品化の動き
インターネット広告費、2024年に4マス媒体超えか 日本は他国に比べてテレビが持ちこたえる
NHK「技研公開2019」と放送法改正から見る 通信と放送の融合やデジタル技術との融合
「第5回JACEイベントアワード」が決定 進化するイベントの今後に注目
平成から令和へ 変えるべきこと、変えてはいけないこと
新聞社が企業や非営利団体に向けて多様な形でSDGs達成を支援
デジタルサイネージアワード2019が発表に 受賞作から優れたサイネージ表現を考える
改正放送法が可決成立 NHKがインターネット常時同時配信へ
6月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(2)
6月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(1)
教育コンテンツのグローバルな可能性 吉本興業らがプラットフォーム設立へ
スポーツから音楽、世界会議まで 『イベント立国の街』横浜が目指すもの

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する