広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

改正放送法が可決成立 NHKがインターネット常時同時配信へ

明石庸司

年末の紅白から実施か 視聴には受信契約が必要

NHKのインターネット番組常時同時配信を可能にする、改正放送法が5月29日、参院本会議で可決、成立した。NHKは2019年度中に地上波の同時配信を開始する予定。

改正放送法は、NHKの任意業務を規定する第20条第2項の2を変更し、これまで災害報道や大型スポーツ中継などに限って試験的に認められていたインターネットの同時配信の常時実施を解禁した。実施にあたって、地方向けの番組の供給や他の放送事業者との協力の必要性を努力義務として規定。

また、NHKが毎年度策定するインターネット活用業務の実施計画の総務省への届け出と公表義務を規定している。併せて、NHKグループのガバナンス改革として、経営委員会の機能強化などの「コンプライアンス確保」や「情報公開による透明性の確保」、「透明で計画的なガバナンス確保」などの制度を充実させるための規定も行った。

NHKは改正放送法の施行により、来年3月から開始される東京オリンピックの聖火リレーに合わせ、番組のインターネット同時配信を開始する意向を示している。地上波の総合テレビとEテレの全番組がPCやスマートフォンで視聴可能となる。PCやスマートフォンでの視聴は、NHKの同時配信のWebサイトにアクセスし、IDやパスワード、氏名などの利用登録をして利用する。

受信契約をしている世帯は無料で視聴が可能で、未契約世帯はBS放送のように、契約を促すメッセージが画面に表示される仕組みとなることが想定されている。インターネットによる利用登録がされていない場合も同様になる …

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

NHK「技研公開2019」と放送法改正から見る 通信と放送の融合やデジタル技術との融合
「第5回JACEイベントアワード」が決定 進化するイベントの今後に注目
平成から令和へ 変えるべきこと、変えてはいけないこと
新聞社が企業や非営利団体に向けて多様な形でSDGs達成を支援
デジタルサイネージアワード2019が発表に 受賞作から優れたサイネージ表現を考える
改正放送法が可決成立 NHKがインターネット常時同時配信へ(この記事です)
6月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(2)
6月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(1)
教育コンテンツのグローバルな可能性 吉本興業らがプラットフォーム設立へ
スポーツから音楽、世界会議まで 『イベント立国の街』横浜が目指すもの
プロモーションの学術研究がいま、問われている
5月の注目ニュースは? 広告界ニュースダイジェスト(3)
5月の注目ニュースは? 広告界ニュースダイジェスト(2)
テレビ、デジタルに次ぐ3番目のメディア OOH媒体の多面的な使い方
5月の注目ニュースは? 広告界ニュースダイジェスト(1)
新聞各社の今年度新事業 音声配信、教育サイトなどに着手
国民投票CMのあり方について議論 民放連は量的な自主規制をしない方針
3月~5月の人事情報総覧 4月の広告界ニュースダイジェスト(3)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する