広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

デジタルサイネージアワード2019が発表に 受賞作から優れたサイネージ表現を考える

オリコム 吉田勝広(デジタルサイネージコンソーシアム理事)

グランプリ受賞は渋谷ビルの巨大だまし絵ムービー

2019年6月12日、デジタルサイネージコンソーシアムは、「デジタルサイネージアワード2019」を発表した。本アワードは、デジタルサイネージを使った表現の中から、優秀作品を選出し表彰することでサイネージ市場のさらなる活性化を目指すものだ。

グランプリは「WOW!NINJA in SHIBUYA」が獲得した。NTTドコモが運営する日本の観光情報サイト「WOW!JAPAN」のPRキャンペーンとして実施されたもので、渋谷MODIの大型ビジョンで放映されたもの。外国人から広く認知されている忍者が、まるでビルの壁面をよじ登ったり、隠れたりする姿が見えた(写真1)。サイネージ画面をビルの壁面と同じに見えるようにしたもので、だまし絵的映像だ。壁面がバタバタと開いたり、剥がれ落ちたりする音の演出もあり、臨場感があった。

写真1 グランプリ・クリエイティブ部門賞・広告賞を受賞した「WOW!NINJA in SHIBUYA」。

驚いたのは、センサーを使い、正面の横断歩道の信号が赤になったときに映像がスタートするようにしていた点だ。さらに、夜には自動車用の信号の赤が青になる瞬間に、あたかも忍者がその赤信号を取って赤い光の塊を手にしたかのようなシーンもあった …

あと65%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

NHK「技研公開2019」と放送法改正から見る 通信と放送の融合やデジタル技術との融合
「第5回JACEイベントアワード」が決定 進化するイベントの今後に注目
平成から令和へ 変えるべきこと、変えてはいけないこと
新聞社が企業や非営利団体に向けて多様な形でSDGs達成を支援
デジタルサイネージアワード2019が発表に 受賞作から優れたサイネージ表現を考える(この記事です)
改正放送法が可決成立 NHKがインターネット常時同時配信へ
6月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(2)
6月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(1)
教育コンテンツのグローバルな可能性 吉本興業らがプラットフォーム設立へ
スポーツから音楽、世界会議まで 『イベント立国の街』横浜が目指すもの
プロモーションの学術研究がいま、問われている
5月の注目ニュースは? 広告界ニュースダイジェスト(3)
5月の注目ニュースは? 広告界ニュースダイジェスト(2)
テレビ、デジタルに次ぐ3番目のメディア OOH媒体の多面的な使い方
5月の注目ニュースは? 広告界ニュースダイジェスト(1)
新聞各社の今年度新事業 音声配信、教育サイトなどに着手
国民投票CMのあり方について議論 民放連は量的な自主規制をしない方針
3月~5月の人事情報総覧 4月の広告界ニュースダイジェスト(3)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する