広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

生活者の金曜日のインサイトを捉えた花王「バブ」のOOHメディア展開

オリコム 吉田勝広(デジタルサイネージコンソーシアム理事)

駅構内でサンプリング 順番待ちになるほど盛況

花王は入浴剤の新製品「バブ メディキュア」のプロモーションで、全国5都市のOOHメディアを活用した。東京では2018年10月15日から1週間、新宿・渋谷・池袋駅などの媒体で実施。特に東京メトロ新宿駅では、B0サイズ20枚分のスペースを4面使う大規模な展開だった。

「いい週末は金曜のオフロから」「現代人は、休み方も大事。」「一週間がんばってる新宿の皆さん!」「せっかくの休日の前に、ヘトヘトになってない?」というテレビCMと同様のメッセージで訴求していた。そもそもCMで使われた場面が駅構内であるので、イメージにぴったりの展開だった。

週末前の10月18日(木)と19日(金)には、同じく東京メトロ新宿駅で「バブ メディキュア いい週末サーバーイベント」を実施した。いい週末は「バブを入れた金曜日のオフロから」と休日前に疲れた現代人に対して、いい週末を過ごせるようサポートする企画だ。

巨大なサーバーのレバーをガチャッと回すと、カプセルに入った商品が1錠出てきて、もらうことができた。(写真1)時々、金色のカプセルが出たが、その時はイメージキャラクターの阿部サダヲさんのミニフィギュア「金のバブサダヲ」をもらえる。同時にそのフィギュアを展示したフォトスポットも用意されていた …

あと56%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

11月の注目ニュースは? 広告界ニュースダイジェスト(2)
11月の注目ニュースは? 広告界ニュースダイジェスト (1)
5Gネットワークの拡大と展開 NTTグループが中期経営戦略を発表
日本を元気にするスポーツイベント ラグビーワールドカップが全国12都市で開催
日本プロモーショナル・マーケティング協会展 第48回のアワード入賞作品が発表に
生活者の金曜日のインサイトを捉えた花王「バブ」のOOHメディア展開(この記事です)
企業向けの講座を開催 新聞社のノウハウを生かした新たな取り組み
4K/8K放送がBSと110度CSで12月1日から開始
「POPクリエイティブ・アワード」子ども向け自転車のPOPに経産大臣賞 他
第61回「日本雑誌広告賞」経産大臣賞にバレンシアガジャパン他
ACCグランプリに、「さけるグミ」など10作品が決定 他
「ミャンマー住みます芸人」派遣 新興国に日本のコンテンツが進出
スペシャルオリンピックスの展望 愛知大会から世界大会アブダビへ
進む広告界の「デジタルシフト」と変わらない「購買の実態」
銀座線のレトロ車両を利用 媒体の特性を生かしたOOHメディア展開
地元を離れた学生を呼び戻す 地方新聞社が力を入れる地域経済の活性化
「国民投票テレビ運動CM」 民放連は規制しない方針
「リアル店舗ならではの楽しさ」の演出がプロモーションの課題に

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する