広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

4K/8K放送がBSと110度CSで12月1日から開始

明石庸司

広がる4Kの無料視聴 8KはNHKが世界初の放送に

12月1日からいよいよBSと110度CSで4K/8K放送が始まる。民放BS4局では共同の開幕特番やリレー特番を放送するほか、NHKは世界初となる南極からの4K生中継を行って、スタートを盛り上げる。また、メーカー各社も対応機器を発表するなど開局の準備が整ってきた。

すでに数年前から4K/8K対応テレビやビデオ機器は販売されており、ネットでも4K動画の配信は増えつつある。放送でも、2015年3月から124/128度CSでスカパー!プレミアムサービスが4K放送を開始している。ただ、広く普及しているBS/110度CS放送で視聴可能となるのが、大きな違いだ。より多くのチャンネルで無料での視聴が可能となることから、4Kのより一層の普及が見込まれる。また、NHKの1チャンネルのみではあるが、世界初の8K放送が実現する。

4K/8Kの一番の特徴はやはり、現在のBS/110度CS放送に比べてより高精細の(=きれいな)画質となること。現在、放送されているハイビジョン(HD)が1920×1080=約200万画素(1920=約2000のため2K)に対し、4Kは3840×2160=約800万画素、8Kは7680×4320=約3300万画素とそれぞれ2Kの4倍、16倍のきめ細かな画質となる。映像に、より臨場感が生まれるのに加え、8Kは3Dとも見紛う立体的な奥行きが生まれる。

また、2Kに比べ表現できる色域が広がった(色の数が増えた)ためにより鮮やかな映像となるのに加え、「HDR(ハイダイナミックレンジ)」と呼ばれる信号に対応することで、より明るさやコントラストを表現できるようになる。さらに、4Kは2Kと同じ5.1chサラウンドだが、8Kは22.2chのマルチチャンネルサラウンドに対応 …

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

11月の注目ニュースは? 広告界ニュースダイジェスト(2)
11月の注目ニュースは? 広告界ニュースダイジェスト (1)
5Gネットワークの拡大と展開 NTTグループが中期経営戦略を発表
日本を元気にするスポーツイベント ラグビーワールドカップが全国12都市で開催
日本プロモーショナル・マーケティング協会展 第48回のアワード入賞作品が発表に
生活者の金曜日のインサイトを捉えた花王「バブ」のOOHメディア展開
企業向けの講座を開催 新聞社のノウハウを生かした新たな取り組み
4K/8K放送がBSと110度CSで12月1日から開始(この記事です)
「POPクリエイティブ・アワード」子ども向け自転車のPOPに経産大臣賞 他
第61回「日本雑誌広告賞」経産大臣賞にバレンシアガジャパン他
ACCグランプリに、「さけるグミ」など10作品が決定 他
「ミャンマー住みます芸人」派遣 新興国に日本のコンテンツが進出
スペシャルオリンピックスの展望 愛知大会から世界大会アブダビへ
進む広告界の「デジタルシフト」と変わらない「購買の実態」
銀座線のレトロ車両を利用 媒体の特性を生かしたOOHメディア展開
地元を離れた学生を呼び戻す 地方新聞社が力を入れる地域経済の活性化
「国民投票テレビ運動CM」 民放連は規制しない方針
「リアル店舗ならではの楽しさ」の演出がプロモーションの課題に

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する