広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

ラジオとテレビの両メディアで期待される『放送メディア』としての価値向上の試み

リスナー属性に合わせた広告配信 radikoが実証実験を開始

ラジオの同時配信サービスを展開するradiko(ラジコ)は7月24日から、リスナーの年代や性別などの属性に合わせて広告を差し替える「ラジコオーディオアド」の実証実験を開始した。在京社から開始し、今秋をめどに在阪局に拡大、その後、順次全国展開を目指すとしている。

通常のラジオCMは、番組単位でターゲットを設定しているが、「オーディオアド」では、番組に関係なくラジコのリスナーの年代や性別などの個人属性によりターゲットを分けて展開する広告モデルとなる。

セグメント配信にはラジコの聴取ログやアプリの利用履歴、有料会員属性のデータなどを分析・統合する「ラジコDMP」を利用する。同DMPはビデオリサーチと連携し、同社の生活者データ「ACR/ex」を活用。拡大推計を行うことで、リスナーの属性や好みに沿った広告配信が可能になるとしている。

実証実験は、各ラジオ局の番宣や局情報などの自社広告枠のみを対象に「ラジコオーディオアド」の広告に差し替える形で実施。地上波の番組で各局が販売する広告枠には従来どおり、地上波と同じ広告が配信される。また、実証実験はライブ配信のみで実施し、聞き逃し配信の「タイムフリー」での広告差し替えは行わず、今後、検討するとしている。

対象エリアは在京7局(TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送、ラジオNIKKEI、TOKYO FM、J-WAVE、InterFM897)に限定。秋ごろをめどに、在阪6局(ABCラジオ、MBSラジオ、OBCラジオ大阪、FM COCOLO、FM OH!、FM802)へ拡大し、その後、順次全国展開を目指すとしている …

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

スマートフォンが変える消費者の視聴行動 動画メディア市場の今後は
関西の活力がカギを握る 国内イベント産業の盛り上げに期待
プロモーションの提案力・業務生産性改善には「基本」の習得が不可欠
電車をミュージアム化! 「広告貸切電車」が周年プロモーションに効果を発揮
ラジオとテレビの両メディアで期待される『放送メディア』としての価値向上の試み(この記事です)
ADKがクリエイティブブティック設立 若手6名が参画 他
ADC賞2018、グランプリが決定 会員賞は「新しい地図」が受賞 他
東南アジア発の動画配信サービスが伸長 5Gを活用したリニア配信が次のトレンドか
イベント産業全体を俯瞰する 『平成29年国内イベント消費規模推計』が発表に
アクティベーション・プランニング電通賞 大分県別府市が受賞
2018 FIFAワールドカップの盛り上げに一役 高まるOOH広告の可能性
スポーツを通じた新聞社の地域貢献が地元住民とのつながりを深める
総務省、NHK 同時配信を条件付き容認 受信料の見直しなど求められる
国内唯一の地位を築く「日本プロモーショナル・マーケティング学会」
JACEイベントアワード最優秀賞が決定 革新化するイベント産業

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する